JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

学歴詐称、職歴詐称をした履歴書などで、企業の求人に応募した場合、応募した時点で詐欺未遂は成立していると見て良いでしょ

解決済みの質問:

学歴詐称、職歴詐称をした履歴書などで、企業の求人に応募した場合、応募した時点で詐欺未遂は成立していると見て良いでしょうか?
また、その結果、詐欺が成立するのは、入社時ですか、それとも給与や交通費などを受け取った時点でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.

詐欺罪にあたる可能性は低いです。

詐欺罪にあたるとすれば、給与や交通費などを対象として成立するのではなく、

「労働者の地位」という利益に向けた詐欺罪という構成になります。

ただ、おそらく詐欺罪で立件された前例はないか、かなり少ないレアケースでしょう。

法律的には詐欺罪が成立する可能性はあるが、

警察・検察といった捜査機関が取り合ってくれるとかといったら、それは別問題です。

 

仮に詐欺罪が成立するとして、

応募した時点で未遂となるのは、お考えのとおりで、

既遂となるのは、雇用契約を締結したとき(=採用時)ということになります。

jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問