JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

迷惑メールを送り続けた(20通くらい)相手からクレームをつけられた時の、事件にならぬような謝罪方法を教えてください。

解決済みの質問:

迷惑メールを送り続けた(20通くらい)相手からクレームをつけられた時の、事件にならぬような謝罪方法を教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.

謝罪の形式は法的に定められておりません。

ですから、事件にならぬような謝罪方法という決まった形式があるわけでもありませんが、

刑事事件になることを防止するための謝罪方法として一般的なものを、

本件に沿ってご説明します。

まずは、謝罪文言。申し訳なく思っていることを、ありのまま表現しましょう。

すでに一度謝罪文を提示したとのことですが、さらに求められているのですから、

もう一度必要です。

次に、今後一切同様の行為に及ばないことを誓約しましょう。

さらに、迷惑メールを送られた相手(被害者)の方の連絡先を、

一切口外しないことも誓約しましょう。

場合によっては、慰謝料のお支払いも必要です。

ただ、本件の被害は重大であるとはいえませんので、

多額の慰謝料は不要と考えます。

誠意をもってあたってください。

その上で、非常に頼みにくいところではありますが、

「謝罪を受け入れました。被害届、告訴状は提出しません。また、本件に関し、一切の債権債務は存在しないことを認めます。」

という内容の書面に署名捺印をしていただくといいでしょう。

このようにすることで、民事・刑事事件ともに事件化することを防止できます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
ご教授ありがとうございます。ただしご回答の中での謝罪形式(例えば公正証書)などで相手が納得のできる形式とするとどのような形式が良いのでしょうか?
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.

特に形式にはこだわらなくても結構かと存じます。

公正証書にするのだとしたら、単に謝罪にとどまるのではなく、「次に、迷惑メールを送信した場合、金○円をお支払いします」というものになるでしょう。

もちろん、公正証書にすることで「重み」が増すので、相手にとって誠意を感じるようなものにはなると思いますが、現時点で必要性が高いかといったら、強くそのようには思いません。

jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問