JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

一昨年、うつ病にて2カ月休職、昨年同じくうつ病にて4か月休職し、同年の異動希望を職場に申し出たところ、本年度も同じ部

解決済みの質問:

一昨年、うつ病にて2カ月休職、昨年同じくうつ病にて4か月休職し、同年の異動希望を職場に申し出たところ、本年度も同じ部署に配置、さらに業務内容も昨年度と全く違う内容になりました。
5月に入り病院に通院したところ、うつ病の再発が確認されました。
職員の管理に際して、職場の対応を非難したいのですが、法的に何とかならないものでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

人事権は法律上定義されたものではありませんが、使用者は労働契約に基づき労働者の配置、異動、人事考課、昇進・昇格・降格などを行う権利を有すると解されています。

(もちろん、権利があるからといっても権利濫用は禁止です)

このような使用者の決定権を「人事権」と呼んでいます。

 

そのような権利とは別に、使用者には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。

 

このような使用者の義務を引き合いに出し、貴方にとって環境のいい部署に異動を願い出ればいいのですが、会社としては先の人事権の行使を主張してくるでしょう。

よって、現実的には話し合いによって、解決するしかない問題ですが、労使関係においては圧倒的に力の差があります。

労働者個人で交渉を進めるのは難しいものがあります。

貴方がいくら異動を願い出ても話しに応じてくれないのであれば、第三者の力を借りるしかないでしょう。

そのような場合は労働基準監督署内にある、総合労働相談コーナーで相談ができます。

相談内容によっては会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

また、国に間に入ってもらい話し合いの場を作ってくれるあっせん制度が利用できます。

あっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、あくまで和解による解決を目指す制度です。

(無料で利用できます)

国が間に入ることで会社も冷静になり、貴方の希望を聞いてくれるかもしれません。

 

うつ病は業務上のものでしょうか?

業務上のもので労災認定されれば会社も貴方の希望を聞かざるを得ないと思うのですが。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

鬱は業務上のものです。

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

 

労災認定もされていますでしょうか?

そうであれば、会社に対して先の回答で示させていただいた職場環境配慮義務違反、安全配慮義務違反で損害賠償することも可能だと考えられます。

実際に損害賠償を請求すると会社との信頼関係は崩壊しますので、退職を前提にすることになりますが、勤務は継続で異動だけをご希望であれば、会社との話し合いに際に損害賠償の対象にもなりかねることを暗に引き合いに出し、お話しされてみるのも一つの方法だと思います。

会社も損害賠償などされて大きな問題になるよりは、貴方の希望を考慮した方が得策だと考えるのではないでしょうか。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

地方公務員でも労災の認定が可能でしょうか?

可能であるなら、その方法をご教示ください。

 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

 

地方公務員の方だったんですね。

 

地方公務員の方は労働災害ではなく、公務災害として地方公務員災害補償法に基づき申請できます。

 

大変申し訳ございませんが、申請方法は最初の質問内容と異なる質問になりますので、このサイトのシステム上、前回の回答を承諾していただいた後に新たな質問として投稿していただくようになります。

ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

(申請方法については勤務先に確認してみられるとよいと思いますが)

 

 

remember2012をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問