JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4635
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

不倫行為に対する慰謝料の請求が届きました。弁護士からの書類です。こちらも代理人を立てる必要がありますか。600万円の

解決済みの質問:

不倫行為に対する慰謝料の請求が届きました。弁護士からの書類です。こちらも代理人を立てる必要がありますか。600万円の請求です。判例などを参考にすると、かなりの高額ですがどう対応すればよいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 まず、不貞行為の慰謝料請求には、きちんとした証拠が必要となりますが

それは、相手の方に押さえられているのでしょうか?

 携帯メールなどのデジタルなものは、裁判上の証拠能力は無いと言われています。

ホテルなどから2人で出入りする写真とか、探偵事務所などに撮られたもので

あれば証拠となります。

 次に、慰謝料の額ですが、不貞行為にも大きく、単なる火遊びと

相手が離婚したら再婚しようみたいな、「略奪愛」に分かれます。

単なる火遊びであれば、男性でも最高50万円程度です。

「略奪愛」だと、愛人と有責配偶者を合わせて2人分で400万円~500万円は

よくあります。あくまで2人分ですが。

 さらに、ご相談者様が既婚者や内縁関係にあるなどであれば

W不倫となり、ご相談者様の配偶者等も同じように慰謝料請求できますので

財布の中身が移動するだけで、意味がなく、双方慰謝料を請求しないことも

多いですね。もう二度と会いませんみたいな誓約書程度の作成はございます。

 後は、請求者側の夫婦関係がすでに破綻していれば慰謝料の請求は

できないことになっています。

 ただ、破綻は、別居等でもしていないと証明が難しいものです。

 以上の状況を踏まえて、わかる範囲でお答えいたしますが

やはり600万円は高いでしょうね。通常の平成になってから

愛人への慰謝料請求の最高額が300万円ですから

弁護士の先生も最初はふっかけてきたのでしょう。

よくある手法です。

 状況がわかりませんので何とも言えない部分はありますが

減額請求はされて構いませんし

弁護士の先生に代理交渉を頼む必要はございません。

訴訟等になった時、初めてご依頼されると良いですね。

 それと、不貞行為は共同不法行為の不真正連帯ですから

第一義的には、有責配偶者が悪い訳で、有責配偶者に

慰謝料を請求しているのかということも考慮に入れないといけません。

 ご心配であれば、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生と

二人三脚でご対応されると良いですね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

相手夫婦は家庭内別居状態でした。そんなところで、私と出会って2年ほど、かなり本気になってしまっているのです。離婚届けを旦那に突きつけたり、行動が過激になっています。

事態が発覚し再三別れを相談しますが、諦められないようです。私は今回請求された事を機会に

お別れするのが、良いと思っています。相手の旦那は奥さんには頭が上がらないみたいで、一切の請求はしていません。私に請求していることも、奥さんには話していないみたいです。ですから、私にだけは強く出てきています。賠償金を支払っても、奥さんの行動は抑制できないんですよね。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

それは、逆の意味で大変かもしれませんね。

上手く、相手の女性と別れられるかですが

ご相談者様としては、相手の女性と再婚までは考えて

いらっしゃらないのであれば、火遊び的なもので

そんな、大金は払う必要は無いでしょう。

払ったところで、相手のご主人様が、ご相談様と相手の奥様の

関係をうまく断ち切ってくれることもないでしょう。

むしろ、相手の女性に知れた方が良いのかもしれません。

 仮に、相手の女性が、ご相談者様と再婚をしたいと思っても

法的に、それに応じる義務は何らありません。

 むしろ、相手の女性との手切れ金(法的にはないお金です)を

出すために温存しておいた方が良いでしょう。

 せいぜい、ご主人様には100万円でも支払えば問題はないと思いますし

むしろ払いすぎとも言えます。

 示談が成立した場合は、必ず公正証書を作成して

清算条項を入れて、これ以外に債権債務が無いとして下さい。

公正証書は民事法務専門の行政書士にご依頼されると安上がりですね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問