JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4635
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

昨年9月祖母から生前贈与を受けた築30年のマンションを売却し住宅ローンを受け新居を購入する予定でしたが、祖母が売却を

解決済みの質問:

昨年9月祖母から生前贈与(所有権移転し不動産取得税も支払い済み)を受けた築30年のマンションを売却し住宅ローンを受け新居を購入する予定でしたが、祖母が売却を頑なにこばみ、あげくのはては私に内容証明を送りつけ売却の半分を返せと騒ぎ立てていますが、返還義務は発生しますか? 又、売却に当たりそのマンションを一旦空き家にして購入者に見学してもらいたく、祖母の為に賃貸マンションも用意しましたが、居住権があるなどとわめくばかりで新居の購入が進展いたしません。 祖母に退去させることは法律上できませんか? 宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

 祖母様からの生前贈与と言うことは、ご相談者様は、お孫様にあたるのでしょうが

本来の相続人のお父様かお母様はすでにお亡くなりになったと言うことでしょうか?

 生前贈与に関しては、ご相談者様もご存じのように

口約束とかで未だに贈与してなければ取消は可能ですが

一端、贈与されたものは、原則として返還請求は法的にはできません。

 ただ、気になるのは、ご相談者様が、代襲相続にあたるのであれば

他にも祖母様の相続人はいらっしゃるのではと一般的には推測されますが

その辺りは、ご相談者様お一人が相続人でよろしいのでしょうか?

もし他に推定相続人がいらっしゃれば、本来の相続の時に

「特別受益の持ち戻し」が行われる可能性がございます。

また、養子縁組などで対抗されることもあるかもしれません。

 とは言え、問題は、居住権を主張される祖母様をどうされるかですね。

居住権と言うものは法的に定められているものではありませんが

考え方として、立ち退き料を支払って出て行ってもらう感じです。

そういう意味では、賃貸マンションをご用意されて、その家賃を支払うとかであれば

立ち退き料にあたると思います。

 また、基本的には、本人が、すでに所有権がご相談者様になっているマンションに

住んでいらっしゃるので家賃を支払う義務も出てきます。

そういう意味では、強制執行も可能だと思いますが

身内に強制執行はどうかとも思います。

 祖母様が出かけているうちに、鍵を付け替えたり

荷物を新しい賃貸マンションに運んでしまうと言う手もありますが

やはり身内に対してそこまでと言うのはあるでしょう。

 祖母様も相手がお孫様(ご相談者様)と言うことで、なめてかかっているのかも

しれませんから、他の頼れるご親族にご協力いただいて、説得していくしかないでしょうね。

説得材料としては、売却後の新居で、ご相談者様と同居される約束等どうでしょうか?

 しばらく様子を見た方が良いかもしれませんね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問