JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4612
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

共同経営と離婚、一般的な常識について

質問者の質問

共同経営と離婚、一般的な常識について
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

御主人の行動を法律上、制限するということは難しいのですが、明確な離婚原因が無い限り、実際に離婚されるようなこともありませんので、その点はご安心ください。

※逆にご質問者様から離婚するにしても同じですので、客観的にみて御主人の言動が婚姻生活継続に重大な影響を与えるほどのものであるという必要がございます。

(協議で離婚される場合は別です。お互い納得すれば離婚できます)

 

そして、仮に離婚された場合の話になりますが、大きく3つのことを考える必要がございます。

まず一つ目が財産分与です。

財産分与とは婚姻中共に築いた財産(借金も)を分配することです。

基本は折半、専業主婦の場合でも2~3割は請求できるとするのが相場ですので、ご質問のケースでは、共同経営の貢献度に応じて変わってきますが、夫婦で築いた財産(不動産や預貯金など)の5割程度を請求することも可能かと存じます。

 

次に養育費の話です。

仮にご質問者様がお子様を引き取るようであれば、養育費の話もでてこようかと存じます。

養育費については、下記の通り、裁判所が出している基準がございますので、ご参考になられるとよろしいかと存じます。

 

【養育費算定表の使い方】

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou.html

 

【養育費算定表】

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/pdf/youikuhi_santei_hyou/youikuhi_santei_hyou.pdf

 

たとえば、未成年のお子様1人(9歳)で、ご質問者様の収入(自営)が年収300万、相手方の年収(自営)が500万だとすると、養育費の相場は月額4~6万円ということになります。

 

最後に慰謝料の話です。

仮に、今後ご主人の行動がエスカレートし、不貞行為(不倫)などがあった場合には慰謝料を請求することが可能になります。

不貞行為による慰謝料の相場は、その不倫の期間、回数や、離婚の有無などによって変わってきますが、離婚しない場合は50万~150万、離婚する場合は100万~300万程度が妥当なところかと存じます。

 

以上が、ご質問者様の状況で離婚する場合に知っておくべき一般常識となります。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
先の回答位なら、自信で調べておおよその見当はついてます。そして添付資料が閲覧できません。現状こちらが我慢損しないようにしたいのです。専従者とは名ばかりで賃金0で家事育児家業で朝5時から夜18時までは最低時間で働いているのに。
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。再投稿ですので、先の回答者に代わりまして早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

離婚全般については、以下の通りです。「我慢損しないようにしたい」とのことですが、まずは離婚全体について知ることだと思います。

 

下記の内容をお読みいただいて、その上で、ご不明な点は具体的にお聞き下さいませ。(養育費のところに算定表リンクしておきました。)

 

 

(1)離婚の類型

・「協議離婚」→約90%。創設的届出。国際的には日本・韓国など少数の国にしか認められていない。

・「調停離婚」→約 8%。報告的届出。

・「審判離婚」→調停の結果、離婚の合意に至らなかったが裁判所の判断であれば従う可能性が高い場合などに家裁が離婚の審判を下すことがある。報告的届出。家事審判法24条1項。

・「和解及び認諾離婚」→裁判上の和解及び請求の認諾による離婚。報告的届出。人事訴訟法。

・裁判離婚→約1%未満。調停前置主義。報告的届出。民法770条。

 

 

(2)協議離婚と調停離婚

・「協議離婚」の長所    夜間や休日の話合いも可能。

・「協議離婚」の短所    公正証書にした場合作成費用がかかる。

             (数万円+原案作成代行費用)

・「調停離婚」の長所   (弁護士を依頼しなければ)費用が低廉。

・「調停離婚」の短所    家裁の調停は平日昼間。

※ 費用・時間帯という点で、両者は表裏のような関係にある。

※ ともに未成年の子がいる場合、必ず親権者を定めなければならない。

※ 慰謝料・財産分与、養育費・面接交渉権は必ず定めなければならないわけではない。

※ 両者の相違点

「協議離婚」届出期間制限なし。夫婦双方及び証人2名の署名押印が必要。

「調停離婚」調停成立から10日以内の届出。届出人の署名押印のみ。

調停調書謄本添付。

 

 

 

(3)離婚用語の説明と実状

(子供の問題)

【親権】(民法819条1項。820条)

「身上監護権」子供の身の回りの世話・躾・教育。

「財産管理権」子供の財産管理。法律行為の代理

【養育費】法律上の根拠は、民法766条。877条~880条。

(判例)

・具体的給付義務期間→「成人に達するまで」

・その後の事情に変更が生じた時→「変更を求め、協議が整わないときは、家裁に請求できる」

・「生活程度の高い方の生活水準によって扶養を受ける権利がある」

・養育費の性質は「生活保持義務である」

(養育費算定表)

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou/index.html

 

・ 【面接交渉権】(条文なし。判例法上の権利)子供の福祉のためにあるので、子供に悪影響がある場合は、裁判所に 面接交渉権を制限されることがある。

・ 【離婚後の子供の氏、戸籍】(民法790条。791条)

父の氏を称していた子を母親を親権者として母親の戸籍に入れたい場合→「子の氏の変更許可審判の申立」→「市区町村役場に許可審判書と子供の入籍届の提出」。

 

(配偶者との問題)

・ 【慰謝料】慰謝料(民法709条・710条)不貞、暴力等の有責行為が対象。精神的苦痛に対する損害賠償請求。性格の不一致など、一方に責任があるといえない場合、慰謝料は請求出来ない。相手方の支払能力を考慮に入れ、協議をすすめる。

 

財産分与(民法768条1項)

「夫名義の預金」実質的に二人で築いた財産は分与の対象となる。名義人だけでは区別できない財産は、双方名義の預金を合算して、共有財産と考え、分与の対象となる。

「ローン付居住用不動産」住宅の時価から分与時のローン残債を差し引いた残額が財産分与の対象。

 「年金分割」

・【本人の離婚後の氏、戸籍】

戸籍筆頭者でないものは復氏が原則(民法767条、771条)。

例外として婚氏続称(767条2項、戸籍法77条の2)。

・【配偶者の離婚後の氏、戸籍】

・【婚姻費用の分担】

 別居中でも、配偶者に婚姻費用を渡す必要あり。生活保護基準方式で通常算定する。

※調停離婚が成立した場合は、調停調書が債務名義(強制執行申立のときの法的根拠になる公文書)となる。

 

・ 各種福祉制度の活用  子供への支援(児童手当・児童扶養手当など) ひとり親への支援(低利貸付・住宅支援・職業訓練)子育て支援

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:その他.
一回目より、専門用語が増え難しくなったような。また、不貞はしていないが、相手を教えず2りきりでカラオケ等深夜に個室に長時間いるのは浮気になるのでは?今から準備しておくべき物(日記等)とか、とっておくべき行動とかのアドバイスも欲しいし、子供は将来医者を目指して現在塾に通っていますが母子になれば無理になりますし、子供にも自分の夢はパパに壊されたの?と聞いてきます。塾費用だけでも月4万はします。
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い状況だと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 再投稿と言うことで、私の方でわかる範囲でお答えいたします。

まず、ご主人様が、頻繁に離婚を口にしたり、浮気のようなことをされていますが

ご相談者様自体は、離婚はお考えでないと言うことですね。

そうしますと、市役所の方に、「離婚届の不受理の届」はもう提出されましたでしょうか?

それを出しておけば、勝手に離婚届は出されませんので

冷静に対処ができることと思います。

 お話から、裁判上の離婚理由は無いようですから、家庭裁判所の離婚調停に

なったとしても、ご相談者様が合意しない限り、離婚はできません。

 逆に言えば、ご主人様が浮気(不貞行為)をしていれば

有責配偶者として、離婚要請はできません。

 とは言え、不貞行為の証拠が必要です。

残念ながら、深夜までカラオケをしているだけでは、不貞行為とは言えませんので

決定的な証拠が必要となります。男女の肉体関係がないといけません。

 よくあるのが、携帯電話等のメールですが、これは裁判上の証拠とはなりません。

デジタルなものは改ざんができるため証拠とはしないのです。

ただし、調停レベルでは、状況証拠としての協議の材料になるでしょうね。

当然、お話のように日記等で怪しい日とかを時系列にまとめておくのも効果的です。

本来は、探偵事務所などに、ご依頼してホテルなどに入るところを写真に

とってもらうと良いですね。

 多分、ご主人様は、ご自分が個人事業の経営者と言うことで

我儘を言っても良いのだと変な勘違いをされている節もあります。

俺は偉いのだから、愛人がいてもかまわないみたいな。

 個人事業で形成された財産に関しては、どちらの名義でも

ご夫妻の共有財産となりますら、仮に離婚する場合は、財産の半分を

請求可能です。また、当然、不貞行為の慰謝料請求も可能です。

 とは言え、離婚された場合の、養育費は、自営業の場合は

かなり、経費等で誤魔化しがきくので、養育費の算定が低くなる可能性があります。

また、離婚をして母子家庭となる場合、経済的に相応な生活をすべきだと

判断されて、ますます、お子様の夢が遠くなる可能性もございますので

離婚は回避された方が良いでしょう。

 あまりにも、ご主人様が、離婚・離婚としつこいのであれば

家庭裁判所の夫婦関係修復の調停もございます。

その場合でも、ご主人様の不貞行為の証拠があると有利でしょうね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

夫婦関係修復調停について詳しく教えて下さい。

私個人としては、ある程度主人の自由も必要とは解っています。が外出頻度の常識回数も解りませんし(バンド活動とは1~2日おきに練習しなければならなかったりしなければならないのか)、「何でいちいち、連絡したり、誰とか教えなきゃいけねーんだ」と声を荒げます。

また、仲間内で「小遣いが少ない、外出させない鬼嫁」と盛り上がっていたりもしてたようで、此方からは干渉しないから離婚はしたくないといったら、「今日はみんなとバーベキューだから、俺はフリーになったと宣伝してくる!これで女の子にもモテモテだ。キスマークつけて帰って来たりして」、「今年の夏は泊まりでキャンプとかも行って来るから」という状況なので、報告の義務とか何か手立てはないでしょうか?主人のバンド仲間にも離婚専門ではないのですが、弁護士がいるのでホント困っているのです。

 

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

 家庭裁判所では、協議で事が進まない場合にのために

各種調停がそろっていますし、特に定型的でない調停もありますので

調停委員と言う第三者に、ご主人様に対して、説教的なものをしてもらうだけでも

価値はあるかもしれません。申立方法自体も簡単です。

 調停の手数料は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。

とは言え、時間がかかる欠点はあります。

 ただ、そこまで、浮気を公言するようであれば、ある意味、お灸も必要かもしれませんから

不貞行為があるようであれば、高額の慰謝料を請求されても良いかもしれません。

離婚しなくても、ご主人様や愛人に請求可能です。

 もし、反省するようであれば、「夫婦関係調整の公正証書」と言うものが

ございますので、それを作成すれば、今後のイニシアチブを取るのも可能です。

内容的には、今後、浮気はしません。バンドばかりに熱中しないで家族サービスを

します、今度、浮気したら、ご相談者様に有利な条件で離婚しますと言うようなものです。

 弁護士の先生は、ベテランの方で離婚業務が専門と言う方はあまりいません。

離婚業務は、弁護士としては儲けにならないからです。

調停レベルまでは、弁護士の先生に頼もうが頼むまいが、結果は同じことが多いです。

 確かに、バンドばかりに熱中して、家族サービスをしないのは夫婦及び親子として

大変問題です。できれば、ご相談者様のご両親様や相手のご両親様に

苦言を呈していただくことも大切です。

 少しぐらいは、息抜きの場も必要でしょうが、家族を犠牲にまでする自由は

無いと言えます。でも今は、ご主人様もかなり図にのっているのは

客観的にもわかります。調停も一つの手でしょうね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
上記にありました、調停委員への申し立て方法を教えて下さい。
質問者: 返答済み 5 年 前.
調停委員への申し立て方法と、仮に私達の主張が認められ調停委員の方を通して約束事をし、その約束を守って貰えなかった場合、何かしらの罰則のようなものはありますか?じゃないと口約束だけで簡単に破られそうで…
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が遅い.
先程までは、的確で丁寧、迅速な対応だったのに急に肝心な部分の返答が来なくなった。

法律 についての関連する質問