JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4806
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

虐待

解決済みの質問:

もう弁護士の先生の力を借りないと限界を感じたので相談に来ました。問題は32年間親に受けた虐待です。私は小学1年生の時から母親に毎回青アザ、鼻血が出るまで暴力を受け弁当には梅干の種を沢山入れられて 肉体的、精神的苦痛を浴びてました。嘘を言わないと母親の暴力から逃れられないという観点で嘘を平気で吐くといった癖もその頃からつきました。時は経って12歳の時、初恋した女性の前に母親のひどい暴力のせいでボコボコになった顔で登校したら彼女はびっ くりして逃げていきました。その頃から女性に対しての恐怖症みたいなものが身につきました。笑ってた感情も喪失し校内でいじめにあうようになったのもその頃です。中学生くらいになると暴力は減ったのですが精神的に暴力を振るまうようになり私のコンプレックスの事や近所には息子は障害者と言いふらすようになり感情表現が完全にできなくなりました。私はそれでも必死に生きようと思い、当時体が弱かった私は練習量の厳しかった陸上部に入部しました。精神面も肉体面も以前よりはるかに強くなれたと思いましたがすでにその頃から私の心はむしばまわれていました。高校は担任が良かったので無事卒業できたのですが大学に入ると毎日昔の悪夢を見るようになり気がつけば人が怖くなってひきこもりになってました。大学を中退し親元に帰り3年間ずっとひきこもってました。行きたくなかった心療内科にも通い、薬漬けにされ前歯は完全に溶けてしまいそれでも精神安定剤の力を借りて外に出て働けるようになったのは22歳の時です。彼女もでき独立できるだろうと思った矢先、疲労とストレスがたまり腎臓を悪くして精神病院に入院しました。彼女とも別れ、今は親の地元から少し離れた土地で同じ境遇に似た障害を持つ12歳年上の女性と障害年金と生活保護を受給しながら哀れな毎日を送っています。 立ち直りたいですが何もできない。 そう思い相談したまでです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い経験をされましたね。

ご心痛お察し申し上げます。

 法的な部分での解決は、家庭裁判所での調停で

親族間の紛争を解決するものがあります。

 例えば、これまでのお母様から受けた暴力等に対する

慰謝料等の請求が考えられます。

お話から、お母様は継母だったということはないですか?

 そうなると、養子離縁の調停もあり得ます。

また、今の生活から脱却したいと言う前向きな方向性が出てきていますから

ハローワークなどで、お仕事を探してみると言うのも手かもしれません。

何らかの仕事が見つかれば、そこから更に自信がついてきて

もっと前向き生きられると思います。

仮に、現在も、ご相談者様に対しての、お母様から誹謗中傷があれば

名誉棄損罪や侮辱罪、またそのような誹謗中傷によって

精神疾患となれば、傷害罪も成立する可能性もございます。

法テラスや市役所の弁護士の先生の無料相談等をご利用なさっては

どうでしょうか?

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問