JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

4月初めに知り合いの衣料品小売業の社長(78歳)から声がかかり一緒に仕事(衣料品、他の外販)をやらないかと声がかかり

質問者の質問

4月初めに知り合いの衣料品小売業の社長(78歳)から声がかかり一緒に仕事(衣料品、他の外販)をやらないかと声がかかり出社して、話を聞き車の経費は会社で持ち、給与については具体的な金額は一切提示がなくニュアンスとして出来高払の様な話でした。その後勤務に就き20日程経過し給与の件で月額最低金 額の提示と社会保険の加入などの提示のお話を問いかけたが前と同じように具体的な金額の提示はなく出来高払いのような話をして前に進みません。私は以前は会社経営をしており55歳で退いており現在62歳です。その社長いわく普通の人なら毎月給与を決めるが元会社経営者なのだからその点は違うというような話もしてはっきりしません。私自身、未だ年金も満額は貰えず生活の面もあり今後働く上でも不安です。もしかしたら実績が出なかったら1円も貰えないかもしれない。今後この経営者にどの様な対応をしたらよいでしょうか?よろしくご指導の程、お願い申しあげます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

貴方の立場がこの会社の労働者であるか、または出来高払いのような業務委託社員であるかはっきりしてもらう必要があるでしょう。

会社(社長)は貴方を月額の最低賃金のない業務委託社員として扱いたいようで、それを貴方に対してあやふやなままにしておこうと考えているようですが、労働者かどうかはその実態によって判断されます。

 

会社から指揮・命令を受けていたり、勤務場所や勤務時間が定められている、また、機械や器具など(車)が会社から貸与されているのであれば労働者として判断されます。

 

よって、貴方が実態として労働者に該当すれば労働基準法が適用され、使用者は労働者を雇い入れる際に、以下の労働条件を書面により明示しなければならないという法律上の定めが適用されます。

(労働基準法第15条)

もと会社経営者などは関係ありません。

 

1、労働契約の期間に関する事項

2、就業の場所及び従事する業務に関する事項

3、始業・終業の時刻、所定労働時間を超える労働の湯無、休憩時間、休日、休暇に関する事項

4、賃金の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払いの時期に関する事項

5、退職関する事項

 

この義務を怠っている使用者に対して労働基準法違反として労働基準監督署に申告することが可能です。

そうすることによって労働基準監督署から会社(社長)に対して指導・是正勧告してもらうのが一番早い解決法ではありますが、貴方も会社との関係性をなるべく悪くしないで勤務を継続していきたいとお考えであると思います。

よって、まずは社長と上記のようなことを引き合いに出し、話し合われるとよいでしょう。

 

社長がこのようなことを知ってて知らないふりをしているのか、本当に知らないでやっているのかで解決法は変わってくると思います。

違法だと知りつつやっているのであれば、貴方にも生活があると思いますので行政などを利用してでもはっきりさせる必要があるでしょう。

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
大変丁寧に分かりやすいご回答をいただきありがとうございます。社長から漠然と出来高払いという様な話はありましたが、業務委託社員という言葉は無く、明確な話はありませんでしたが、ご回答頂いた内容を読ませていただいて、今改めて思うと社長は労働者としてではなく業務委託社員として使いたいと思っているのだと思います。もし業務委託社員 としても具体的な報酬額等の契約条件等を明文化、書類化し契約書も必要ではないかと思うのですがいかがでしょうか?又、勤務時間等についても事前にはっきりとは無く、疑問に思い、息子(専務)に訪ねて開店時9時~18時閉店時迄タイムレコーダーを使って本店に出勤し、外勤もしております。車は私自身の車を使用しておりますが、燃料代他の経費も会社で負担してもらうことになっております。事務所を私の為にデスク等を新たに設置、整備しPCも用意しました。以上の様な勤務状態は実態労働者として判断されるでしょうか?以上の事も含め今後の対応をどうしたらよいかよろしくご指導ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
大変丁寧に分かりやすいご回答をいた だきありがとうございます。社長から漠然と出来高払いという様な話はありましたが、業務委託社員という言葉は無く、明確な話はありませんでしたが、ご回答頂いた内容を読ませていただいて、今改めて思うと社長は労働者としてではなく業務委託社員として使いたいと思っているのだと思います。もし業務委託社員としても具体的な報酬額等の契約条件等を明文化、書類化し契約書も必要ではないかと思うのですがいかがでしょうか?又、勤務時間等についても事前にはっきりとは無く、疑問に思い、息子(専務)に訪ねて開店時9時~18時閉店時迄タイムレコーダーを使って本店に出勤し、外勤もしております。車は私自身の車を使用しておりますが、燃料代他の経費も会社で負担してもらうことになっております。事務所を私の為にデスク等を新たに設置、整備しPCも用意しました。以上の様な勤務状態は実態労働者として判断されるでしょうか?以上の事も含め今後の対応をどうしたらよいかよろしくご指導ください。
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

 

貴方の仰るように、仮に業務委託社員だとしても契約書を締結しておく必要があるでしょう。

契約自体は口頭でも成立しますが、後々のトラブルを防止するため(第三者に対抗できるため)、契約書を書面で締結します。

 

 

しかし、ご返信内容を前提にすると勤務時間などが管理されて(業務の進捗状況の報告もある?)いるようですので労働者に該当する可能性が高いと考えられます。

 

>燃料代他の経費も会社で負担してもらうことになっております。というのは労働者、業務委託社員の判断基準にはならないと考えられます。

 

 

業務委託社員であれば社会保険の加入が不要になるので、給与から社会保険料を控除されることなく、現在老齢厚生年金を受給されているのであれば減額されることなく受給できます。

年金受給者が社会保険の被保険者になると在職老齢年金制度の対象となり、その受給額、報酬額によっては年金が減額されます。

 

業務委託社員であれば会社も社会保険料などの負担がなく、また労働者でないため契約を解除しやすく、有給休暇などの負担もないというメリットがありますが、貴方にとっても労働時間が管理されない、社会保険料の負担なし、在職老齢年金制度の対象にならないなどのメリットもありますので、どのような契約形態にするのがお互いにとっていいのかよく話し合われるとよいでしょう。

しかし、貴方の実態が労働者であり、または貴方が労働者として雇用されるのを希望しているにも関わらず、会社がそれを認めないのであれば、行政などの力を借りることになると思います。

 

 

 

 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

 

先のご返信に対しても回答させていただいたのですが、ご確認していただけましたでしょうか?

 

専門家として十分な回答をさせていただいたつもりですが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などございましたら、ご返信にてご指摘ください。

 

再度回答させていただきます。

法律 についての関連する質問