JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

隣人が地役権をたてに言いがかり、やりたい放題 対処法を教えてください。 父の名義の私有地に隣人の地役権の登記があり

質問者の質問

隣人が地役権をたてに言いがかり、やりたい放題 対処法を教えてください。
父の名義の私有地に隣人の地役権の登記があります。最近公道の門を閉鎖し、私道の
私の門の反対側に出入り口を作りました。その時 境界杭を抜いたためクレームを付けたら
地役権で守られている。素人は黙って居ろと恫喝されましたので、私道の持ち主が小さくなって
地役権を楯にいつも言いがかりを付けてきます。権利がそんなに強いのか納得いきません。
対抗処置はないのでしょうか? 是非とも教えてください。お願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 地役権は、用益物権の一種で、特定の土地(要役地)の便益(たとえば、ある土地を通行したり、その土地から引水したり、あるいはその土地に一定の建物の建設をさせなかったりすること)のために、他人の土地(承役地)を利用する権利です。

 

 地役権の設定により、要役地は、その利用価値を増し、それと対応して、承役地の利用は制限されます。承役地利用者は、地役権者の積極的な行為)(引水・通行)を忍容するか、または一定の利用をしない不作為義務(建築などをしない)を負担することになります。

 

 土地の便益の種類には制限はありません。判例に現れるものは、引水地役権と通行地役権です。

 

 しかし、地役権の内容が相隣関係に関する強行法規に違反することは許されません(民280条但書)。

 

 普通地役権を設定するときは、契約書を作成するものです。質問者様のお手元には契約書は存在しないのでしょうか。

 

 若しそうなら、この機会に契約書を締結されることです。

 

 表題

 

 目的

 

 土地の特定

 

 

 対価

 

 存続期間

 

 契約の解除

 

 通行の態様

 

法律 についての関連する質問