JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

「子が女性と接触した際に、けがをしたとして、治療費を請求されていることへの対応について」のご相談 (概要) ・先

質問者の質問

「子が女性と接触した際に、けがをしたとして、治療費を請求されていることへの対応について」のご相談
(概要)
・先日ホテルのレストランで食事中、子(10歳、男児)が一人でレストランを出、トイレに向かう途中で女性にぶつかった。
・女性はろっ骨の痛みを訴え、ホテルが手配した救急車にて、病院に搬送された。
・搬送する前に、互いの連絡先を交換した。

・私自身は目撃をしていませんが、以下の証言等を得ています。
(相手方女性)
突然、ぶつかられた。ろっ骨が痛い。きっと折れているのではないかと思う。太れない事情があり、骨が弱い。昨年は3回ろっ骨を骨折した。混雑する改札で押された際、咳込んだ際など。骨折しやすいため、体を鍛え始めたところだった。
(レストラン係員)
トイレに向かために店外に出ようとした本人(子)が、案内板にぶつかったため、本人(子)はそれを直し、その後、振り向き様に走り出した瞬間に女性に接触。
(子)
レストランの係員と同様の内容を話す。わたくしを相手方女性と想定し再 現させたところ、ぶつかった勢いは骨折するほどとはとても思えない程度。
相手方女性は、ご友人の女性とご一緒であったが、二人は並んで、顔を迎え合わせて話ながら歩いていたようである。したがって、相手方女性のご友人も、ぶつかった場面を見ていないと話をしていた。

後日、相手方女性より、けがの状況について以下のとおり連絡があった。
・やはり、ろっ骨にひびが入っていた。不完全骨折という診断。しかしながら、レントゲンには映らない。
・治療は、湿布薬等と経過観察などで、2日/週程度通院予定。2週間以上はかかる。
・国民健康保険を使って治療する。
・区役所より、国民健康保険で治療するならば、加害者側に書類を作成するよう求めるよう、言われた。
・そこには、示談書、念書などもある。
(備考)
・相手方の女性は、昨年度末で退職。現在就職活動中。(自習室に行っている)
・お互いに電話のみのやりとりで、当方は、診断書等を確認していない。

相手方女性の主訴
・かかる治療費について、支払ってもらいたい。


ご教示いただきたい点
1・「相手方女性の言う、国民健康保険を使うので、示談書や念書を書いてもらいたい」の意味がわかりません。
  (相手方女性は区役所に再確認されるとのこと)
2.咳や混雑する改札口でおされた程度で骨折するような身体の状況である方が、休日の人が多い場所に、何の防御、危険回避することもなく、会話をしながら通行していたことに、過失はないのか?やはり、けがをさせてしまった以上、すべて当方の過失となるのでしょうか?
3.治療費をお支払することで終了した方がよいのでしょうか?前述の点を踏まえ、争った方が良いのでしょうか?
4.治療費の請求は、治療が終了した以降にお願いし、支払う際に示談と考えておりますが、相手方の現時点での示談(支払の約束)や念書作成等には対応しない方がよいと思うのですが、いかがでしょうか?
5.すぐに骨折される方なので、完治されるまでに、また骨折されたりする可能性もあると思います。本件との区別がつかなくなる恐れがあるのですが、何か事前に手立てを講じておくべきでしょうか?

ながながと書いてしまい、申し訳ございませんが、なにとぞよろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

当該行為は民法上、不法行為(709条)と言います。不法行為に基づく損害賠償請求をする場合、加害者の過失によって被害を負ったという事実は、不法行為債権者である被害者側が証明責任を負うのが原則です。

 

文面から拝察する限り、その女性はどのようにして、お子様の加害事実を証明するつもりなのでしょうか?

 

つまり、傷害を負った加害事実がなかったとご相談者様側が主張したら、その女性は、ご子息の加害事実によって傷害の事実を負ったことの証明をしなければならないのですが、出来るのでしょうか?

 

賠償ありきのお話のようですが、そもそも、賠償責任が発生するか否か疑問です。(任意にお支払になるのは、ご自由ですが。)

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.
貴方が価格を提示して回答を募集した質問に、法律家としての意見を回答致しました。次は貴方にに法律上の義務を果たすべき責任があります。

 

回答の意味が分からない場合は解説しますが、回答を踏まえて質問なさる場合は「承諾」した後に、新規で投稿願います。

 

価格を提示して質問した以上は責任を持って、ご対応をお願いします。


法律 についての関連する質問