JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

おはようございます。 昨日店舗で着物を買ったのですが、クーリングオフはできるのでしょうか

質問者の質問

おはようございます。
昨日店舗で着物を買ったのですが、クーリングオフはできるのでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

クーリングオフとは、訪問販売や電話勧誘販売などによって、無理やり自宅に押しかえられて商品を購入してしまった場合などに、その撤回ができる制度です。

よって、ご自分で店舗に出向いて商品を購入された場合には、残念ながらその適用はございません。

※ただし、悪質な呼び込み等により無理やり店舗に連れて行かれて購入させられたなどの特別な事情がある場合は、クーリングオフできる場合もございます。

 

クーリングオフできない場合の対策のとして考えられるのが、消費者契約法に基づく取消権の行使です。

これは、店側が商品の内容や品質、代金、支払方法などについて虚偽の説明をしたり、顧客にとって不利益な事実を故意に告げなかったりした場合に、その契約を取り消すことができるというものです。

 

ただし、クーリングオフとの決定的な違いは、契約を取り消し、代金を返還してもらうのに、相応の理由が必要となる点です(クーリングオフは理由なしに一方的に行えます)。

そして、その相応の理由があったことは、それを主張する側に立証(証明)する責任があるということにご注意ください。

 

ですので、以上の理由で契約の取り消しをご検討されるのであれば、今後の相手方との交渉内容などは、録音しておくなどの証拠集めを意識して行われる必要があろうかと存じます。

法律 についての関連する質問