JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4628
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お世話になります。 建設業を営んでおり、今回一般住宅の外構工事を行なっているときに、駐車場に生コンを流入していると

解決済みの質問:

お世話になります。
建設業を営んでおり、今回一般住宅の外構工事を行なっているときに、駐車場に生コンを流入しているときに養生せずに作業をしてしまい、隣の家の車とフェンスに生コンを付着させてしまうという事故を起こしてしまいました。
当方ではこういうときのために工事保険に加入して おりましたが、被害者から車両の全塗装、フェンスの交換を要求され保険会社へ相談したところ、保険会社では今回の事故で車両の全塗装までは認められないとして、一部分の補修代(約20万円)までしか認められないと言われました。
しかし、被害者はあくまで被害者だからと譲らず全塗装(およそ60万円)を要求してきております。この場合、当方にて差額の40万円を支払わなければならないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

 基本的に、民法では、損害賠償は、原状回復義務までしかございませんので

一部の塗装のやり直しだけで、済むものを全塗装と言うのは

応じる必要が無いとも言えます。

 技術的に、現在の塗装技術で、塗り直した場所が、全体と異なって

目立つなどはないと思います。特殊な塗料を使った車なのでしょうか。

また、60万円は全塗装としてはあり得ない値段ですね。

レクサスクラスでも30~40万円でしょう。

多分、相手の知り合いの修理業者とかでぼられている可能性もあります。

仮に、修理するのであれば、ご相談者様のお知り合いの業者か

保険会社の指定の修理業者で行って下さい。

 とは言え、相手は被害者ですから、あまり強気で対応しても仕方がないので

できれば、保険会社の方か、弁護士の先生などの第三者に間に立ってもらった

方が良いでしょう。弁護士の先生に頼めば赤字になるかもしれませんが。

 法的には、全塗装の必要はありませんから、どう上手く交渉できるかでしょうね。

それと、工事は昼間と思うので、日ごろは使ってない車だと思いますが

修理中は、レンタカーなどの代車を手配しろなど、言われるかもしれませんが

応じないともめるかもしれませんが、使わない日のものは応じないで良いでしょうね。

 いずれにしろ、被害者意識が先方にはあるでしょうから

充分に謝罪をする必要はありますが、あまりにも横暴であれば

民事調停にするしかないかもしれません。

そこは毅然とした態度で良いと思います。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
度々失礼します。
先方になぜ全塗装か?と伺ったところ、部分塗装したところとそうでないところで2・3年後に色の違いが出てしまうからという答えが返ってきました。
その色むらが起こった時期が仮に2・3年後でも、補償が必要でしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

例えば、新車であれば塗りむらと言うのは考えにくいのかもしれませんが

ある程度、経年劣化した車であれば、あり得ない話ではないですね。

ただ、今は、コンピューターで計算されて塗料を出していますから

同じ色合いで塗られれば問題はないでしょう。

 多分、そのような訴えをしてくるのは、修理工場につまらない知恵をつけられたの

でしょう。工場も全塗装の方が儲かりますからね。

 とは言え、前述しているように、原状回復義務だけですから

一部だけしか、傷つけていないのであれば、一部だけの塗装で大丈夫です。

そこは、判例等でもきちんと出ているようです。

応じる必要はないでしょう。

それに、経年劣化にまで補償するなんて、相手も不当な要求だと

思われます。

 問題があるなら、民事調停にでもしてくださいと

修理に応じない手もありますね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
最後の質問です。

当方と被害者で話し合いをしておりますが、
当方は「全塗装してほしい」という要望があったことは
認めておりますが、費用を払うとは認めておりません。

しかし、被害者は誤解されており、認めたの一点張りです。

結局言った言わないの水掛け論になっており、
この場合、仮に誤解で認めると一度言ってしまったら、
取り消すことはできないのでしょうか?

素人なので誤解・誤認はあると思うのですが…。
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

確かに、口約束でも契約は成立します。

また、ご相談者様の方が業者と言う立場ですから

あまり、個人に対して強く言うのは難しいでしょうね。

 とは言え、争うとなれば、証拠が相手も必要です。

それは相手も無いでしょう。普通は書面での契約でないと法的には難しいですね。

また、法的には、原状回復しか認められていないので

不当請求と言うことで相手を訴えることも可能です。

文句ばかり相手が言うようなら、その修理工場の人間と

保険屋の担当者、弁護士などを挟んで説明してもらった方が良いでしょうね。

最近の人は、しつこいので弁護士の先生に立ち会ってもらうだけでも良いかも

しれません。ただし、立会い料は10万円位はとられます。

最悪、調停でも裁判でもしてくれと主張するしかないでしょうね。

それなら基本は勝てると思います。

 取り消すと言うより、そういうことは認めてないとの主張で良いと思います。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問