JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

はじめまして。 被害に対する慰謝料請求及び示談について質問です。 現状ですが私は被害者側で、被害届を提出しました

解決済みの質問:

はじめまして。
被害に対する慰謝料請求及び示談について質問です。
現状ですが私は被害者側で、被害届を提出しましたが警察から事件化することは難しいと言われ、
話し合いを勧めら れました。加害者も主な事実については認めており、話し合いを予定しております。
行政書士に示談書を依頼する上で、示談書作成と話し合い、公正証書作成の流れを教えていただけますか?因みに、話し合いはまだ一回も行っておらず、相手が謝意を示すことも慰謝料の請求有無・金額も決まってない状況です。お手数をおかけしますが、ご回答宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

進め方の決まりがある訳ではありませんが、通常、以下のような流れになると思います。①配達証明付き郵便で和解金提示②内容に承諾したら示談書原案作成③原案を公証役場にFAX④被害者Xと加害者 Yが公証役場に実印と印鑑証明書を持参して公正証書を作る⑤XまたはYが行けない場合はXまたはYの代理人として行政書士AまたはBが、XまたはYから委任状を貰って代わりに行く事もOKです。 但し、一人の行政書士がXもYも双方の代理人となることは出来ません(民法108条)。費用は当事務所の場合①2万円②2万円⑤1万円ぐらいです。 

質問者: 返答済み 5 年 前.
早々のご回答ありがとうございます。上記ご説明頂いた内容について確認させていただきたいことがございます。
お手数をおかけしますが、ご確認のほど宜しくお願い致します。
1)上記には話し合いに関することがありませんが、示談のほとんどが書面で行われるのでしょうか
2)もしそうでしたら、示談書の内容・慰謝料の金額について相手側が異議がある場合、どういう方法で折り合いをつければ宜しいでしょうか
3) ①の配達証明付き郵便というのは、内容証明郵便と呼ばれるものを指すのでしょうか。

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

①被害者をX、加害者をYとするとXとYが直接お会いになって、示談金について話合いをして頂いてもモチロン構いません。

 

②書面でやり取りする場合は、1回で決まるとは限りません。数回かかる場合はあります。例えば1回目はXは200万円要求。Yは100万円が限度と回答。2回目にXが中間の150万円に減額、Y了承ということもあると思います。

 

③配達証明付き書留も配達証明付き内容証明も乱暴な言い方をすれば、大体同じです。厳密に内容証明郵便というと字数制限、行数制限、添付物同封NGと色々規制があるので、私は配達証明付き書留にする場合が多いです。

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問