JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

質問です。 私は常勤講師として1年契約で働いていましたが、3月に突然解雇宣告を校長から受けました。 確か

質問者の質問

質問です。

私は常勤講師として1年契約で働いていましたが、3月に突然解雇宣告を校長から受けました。

確かに1年契約でしたが、非常勤と違い常勤採用の場合は違う学校を校長に紹介してもらうなど何

かしらの職業を継続していく方策があると思うのですが法律上、どのようになっているでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
契約を更新しないことに対して、違う学校を紹介してもらうことまで法律では特に定められていません。
ですが期間を定めた労働契約の期間満了にさいして、使用者が契約の更新を拒絶することは雇い止めにあたる可能性が高いでしょう。

特にこれまで契約更新を繰り返してきたようなときには、解雇に関する法理が類推適用され、契約を更新しないことに対して客観的に見ても納得のいく理由を挙げることができなければ、雇い止 めは無効と判断されるでしょう。

雇い止めの判断についてポイントとなる点を上げておきます。
1.契約が臨時的か常用雇用かどうか
2.これまで複数回更新されてきたか
3.これまで何年間働いてきたか
4.更新手続きはきちんとされてきたか
5.継続雇用を期待させる発言があったか
6.他の有期契約者はどうだったか

雇い止めと思われるようであれば、不当解雇として争うことになります。
この場合には、弁護士に相談されるのがよろしいでしょう。特にお知り合いがいないようであれば、法テラスにご相談されるのがよろしいでしょう。まずはインターネットで検索してみてください。


法律 についての関連する質問