JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

個人様所有の商品を 当店にお送りいただき それに希望のへの刻印を施し 返送するというビジネスをしています。 鉛

解決済みの質問:

個人様所有の商品を 当店にお送りいただき それに希望のへの刻印を施し 返送するというビジネスをしています。
鉛筆から野球グローブ、金属ライター、時計へ の名入れ と いろいろと依頼を受けつけています。年間でいえば1000点くらいは受け付けており、その刻印専門店です。このたび、市販流通している警察手帳のレプリカ徽章に 警察本部名などの彫刻依頼を請け 刻印を施したところ お客様が 使用を誤り 罪に問われたようです。警察マニアの方のこの手の刻印依頼は多く、コレクション、観賞用、悪用厳禁を条件に 刻印を受け付けています。偽造事件が発覚後も 当店への刻印依頼が逆に増えており、一般流通品私物への刻印ということで、私は合法ではないのかと捉えていますので 刻印ビジネスとして継続したいとおもいますが、より堂々と合法的に商売するためのお知恵、また関係各所への届けなどありましたらお教え下さい。
全国よりのネット依頼がおおいのですが 当店は商工会議所所属の有店舗経営 個人事業所です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 公印等偽造罪(刑165条)

 

 印章の偽造とは、権限なしに不真正な印影を表示することをいいます。方法のいかんを問いません。そのために製作された印顆を用いる場合に限らず、有り合わせ印を使用することによっても(大判大3.10.30)、直接の描写によって、印影を作り出すことによっても(大判明43.4.19)、また既存の真正な印影を材料として、新たな証明力を有する印影を顕出させることによっても、偽造は可能です(大判明44.3.6)。

 

 物体上に表示された印章・署名は、一般人をして実在者の印章・署名と誤信させる程度の形式・外観を具備することを要するが、その形式・外観を具備する以上、架空人などの印章・署名でも足ります(通説、最決昭32.2.7)。

 

 質問者様が公印等偽造罪に問われる可能性はないと思います(大塚刑法概説(各論))。

 

 お客様は公印等不正使用罪(刑165条2項、3月以上5年以下の懲役)に問われるのではないかと思います。

 

 質問者様がお客様の不正使用の故意を知りながら、本件公印の提供を行ったときは、質問者様は、公印等偽造罪には問われなくても、公印等不正使用罪の幇助(刑62条 正犯の刑を減刑)に問われる可能性があります。

 

 

>警察マニアの方のこの手の刻印依頼は多く、コレクション、観賞用、悪用厳禁を条件に 刻印を受け付けています。偽造事件が発覚後も 当店への刻印依頼が逆に増えており、一般流通品私物への刻印ということで、私は合法ではないのかと捉えていますので 刻印ビジネスとして継続したいとおもいますが、より堂々と合法的に商売するためのお知恵、また関係各所への届けなどありましたらお教え下さい。

 

→模造ということで参考になるのは、通貨偽造についての議論です。通貨偽造における「偽造」とは、通貨の発行権を有しない者が、一般人をして真貨と誤信させるような外観のものを作り出すことをいいます。古銭、廃貨に加工するとか、筆写によるとか、写真印刷を用いるなど、方法のいかんを問いません。真貨に手を加える場合、それとの同一性を失わせるときは、偽造となります。

 

 ここで、偽造の程度には至らないが、真貨に「紛らわしき外観を有するものを製造したときは、「模造」と呼ばれ、通貨及び証券等模造取締法によって処罰されます(同法第1条、第2条)。「紛らわしき外観を有するとは、色彩、形状などにおいて、その物を模擬するをもって足り、必ずしも普通の知識を有するものが、その鑑別を誤るようなものであることを要しない」(東京高判昭38.1.21)とされます。

 

 また本罪(通貨偽造罪)は目的犯であり、偽造・変造は行使の目的をもって行われることを要します。「行使の目的」とは、偽造・変造の通貨を、真貨として流通におこうとする目的といいます(東京高判昭29.3.25)。よって、たとえば、学校の教材にするとか、陳列用の標本にするなどの目的で、通貨を偽造・変造しても本罪(通貨義偽造罪)は構成しません。行使の目的は、行為者みずから偽貨を流通におこうとするのであると、他人を介して流通におこうとするのであるとを問いません(最判昭34.6.30)。

 

 まとめ:質問者様がお客様の公印等不正使用罪(刑165条2項)の故意を知りながら販売したときは、公印等不正使用罪の幇助になりますが、知らなかったときは、犯罪は成立しないと思われまます。

 

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問