JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

(事実の概要)最近、私の妻が、妻に管理を任せていた私の給料口座から、長年(15年)にわたり無断で、妻の私的な用途に多

質問者の質問

(事実の概要)最近、私の妻が、妻に管理を任せていた私の給料口座から、長年(15年)にわたり無断で、妻の私的な用途に多額(数千万円)のお金を流用していたことが分かり、私は妻と離婚したいと考えています。この流用が離婚原因になりえることについては、既に弁護士に確認済です。
(相談したい事項)
・離婚の際の財産分与ですが、妻が私的に流用したお金が既に使われて残っていないとしても、それも含 めて、夫婦の財産の全体を計算して、それを合意した割合で分けるという考えでいいでしょうか?
・私は、とにかく早く離婚したいという気持ちが強いので、妻と話し合いをしてその場で離婚届けに署名押印させ役所に離婚を届けた後に、財産分与、年金分割、子供の扶養などの問題を調停にかけることを考えています。この進め方に何か問題はありますか?
・離婚してしまった後で、財産分与、年金分割、子供の扶養などの問題だけ調停にかけることもできますか?その場合は離婚調停ではなく何調停と呼ぶんでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

離婚の際の財産分与ですが、妻が私的に流用したお金が既に使われて残っていないとしても、それも含 めて、夫婦の財産の全体を計算して、それを合意した割合で分けるという考えでいいでしょうか?

そのような考えで良いと思います。


・私は、とにかく早く離婚したいという気持ちが強いので、妻と話し合いをしてその場で離婚届けに署名押印させ役所に離婚を届けた後に、財産分与、年金分割、子供の扶養などの問題を調停にかけることを考えています。この進め方に何か問題はありますか?

奥様がご相談者様の考えに同意して下さるのなら他人がとやかくいう問題ではないと思います。あくまでも当人同士の問題ですから。


・離婚してしまった後で、財産分与、年金分割、子供の扶養などの問題だけ調停にかけることもできますか?その場合は離婚調停ではなく何調停と呼ぶんでしょうか?

文字通り、一種の「離婚後調停」になると思います。いずれにしろ離婚が成立した後でも調停の申立てをすることは出来ます。但し、慰謝料請求権の消滅時効期間は離婚が成立した日から3年、財産分与は2年です。

質問者: 返答済み 5 年 前.
済みません。前もって書いておけば良かったのですが、弁護士さんの回答をいただきたいのですが、回答者は弁護士さんでしょうか?
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

私も貴方とは気づかずに回答してしまいました。貴方でしたら私の方から寧ろ回答を辞退したいと思います。

法律 についての関連する質問