JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1384
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

建築設計事務所で働いていて、本日、解雇を通告されました。最初は、雇用形態を正社員からパートにしてもらいたいという

解決済みの質問:

建築設計事務所で働いていて、本日、解雇を通告されました。最初は、雇用形態を正社員からパートにしてもらいたいということで、つきつめると、パートになっても解雇されるとのことです。 正社員で続けたいことを言いま したが、変わらないようです。 解雇の理由は、この1年、事務職の同僚の居つきが悪く、それの理由をわたしの応対の無愛想さのせいにされました。最後に辞めた女性が、取引の多い市役所の知り合いに、わたしのことを悪くつげたとのことで、そのことと、社風に合わないというのが、理由だそうです。いままで、ほぼ2人分の仕事を責任もってやってきましたが、こないだ入社した事務職の女性が、できる人だったのでわたしのことを解雇しようと決めたようです。 プライベートな考え方はともかく、社内で大きなミスをしたことはないですし、ほかの社員とは普通に会話しており、協調性がないとは自分ではまったく思いません。 社風に合わないというのは、残業手当をつけないという社風に、わたしの考えがあわないので、わたしがいるとまわりへの影響があるので、いてほしくないとのことです。そもそも、設計事務所という特殊な業種であっても、残業手当をつけないというのが、違法のほうに思います。朝の出勤時間を管理しろといわれるのに、残業のことは目をつむれというようなことに、わたしが正論を言ったのが気にくわないようです。 このようなとき、どのような行動をするのが、最善なのでしょうか。返事はあとにしたいと言ったら、あした返事をくださいと言われました。考える時間を与えないというのは、これで正しいのでしょうか? 回答よろしくお願いします。


 


書き忘れましたが、わたしも事務職です。


契約関係のしごとをしていましたが、先日同僚が入社したときから


違うしごとになりました。


いままですぐにやめてしまう人たちがやっていた、入札の書類作り


などと、設計士のお手伝い作業の仕事です。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 会社がわに違法行為が二点あります。

 

 その1は残業代未払い、その2は解雇権濫用です。

 

 その1について、早急にデータ取得をしてください(残業時間の集計)。これを監督署へもっていくことになります。

 

 その2、いうまでもなく解雇権濫用です。

 

 労働審判で、逸失利益、慰謝料請求、退職金請求等が可能です。

 

 早く返事を求めているようですが、会社がわの失点を大きくして、質問者様が有利になるように、なるたけ会社に違法行為をさせるよう仕向けること、証拠の作出が勝訴のコツです。

 

 とりあえず、1w時間を下さい、といって退職届の提出を強要するか否か(強要したら不法行為に該当)、自己都合退職に仕向けてくるか、をよく観察すること。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

もう少し詳しく教えていただけますか。

 

残業代に関して。

現在は2年間の在職ですが、最初の半年は意味のわからない

残業をさせられることが多かったのですが、いまは自分の残業は

それほどありません。

昼休みに電話番を雰囲気的にせざるをえない感じにさせられて

いましたが。

昼休みに駅まで車で送ってほしいや、書類作成など。

総務という立場上、設計士の勤怠について、出勤時間は

厳しく管理せよ、しかし残業していてもみないことにしなさい

というような感じのことです。

約1年間、自分1人で事務をしていた期間は、自分の残業はだいたい

つけました(付けないこともありましたが)。

朝は、就業時間前までに掃除とお茶出しを強制されていました。

他の人の掃除も管理しろといわれていましたが、就業時間外

の掃除について、あれこれわたしがいうのは言いにくい、

掃除を就業時間内に設定するなどしてほしいと

反論したところ、わたしの考え方はおかしい、などと言われたと

思います。

就業時間前に強制されていた雑用についても、残業代は

さかのぼって請求できるのでしょうか?

また、1年間にわたり、自分のしごと以外のことを、入社した人に

おしえたり、いない期間は自分がやったりと、本当に大変でした。

正社員2人でやっていた仕事をわたし1人におしつけたことに

ついては、なに慰謝料的なものは請求できるのでしょうか。

そのようなプレッシャーの中で、仕事のできない人、

覚えの悪い人に指導することがほんとうに難しいことだったと

いくら言ってもわかってもらえませんでした。

 

あとは、会社が、規則違反なしごとをしていますが、

その件について、挙げて、会社の違法性を指摘するような

ことは可能でしょうか?

(入札に参加したものは、他の会社が落札した場合に

下請としてその業務に参加できないのに請けている、など)

ほかにも、談合など違法なことはたくさんあるとおもいます。

 

当日に病欠ができない、とも言われましたが、

それは違法ではないのでしょうか?

計画して病気になれないので、有給休暇も

残っています。

離職の場合、有給休暇を全部消化した上で、1カ月分の

給料をもらえるということもできるのでしょうか?

 

また、労働審判というのは、どのように起こすことができますか?

難しいことなのでしょうか?

専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

>就業時間前に強制されていた雑用についても、残業代は

さかのぼって請求できるのでしょうか?

 

→2年で消滅時効にかかるので、2年分は請求できます。

 

>離職の場合、有給休暇を全部消化した上で、1カ月分の

給料をもらえるということもできるのでしょうか?

 

→肯定。

 ∵①この場合使用者がわの時季変更権の行使はできません。時季変更権とは、有給休暇を、指定した日ではなく他の日にとるように申し入れる権利であるところ、他の日に有給休暇をとってもらおうとしても、退職してしまうので余分な日はなく、取れないからです。

 

 ②有給休暇とは継続勤務を前提としてその労働による心身の疲労回復を図るために休息をとる権利であるから、退職を前提としながら一方で有給休暇を請求するのはおかしいとの議論もありえます。しかし、労働を継続することを条件にして有給休暇を取得しうるとは法も予定していません(よってこの見解はとりえません。)。

 

 

 >会社が、規則違反なしごとをしていますが、

その件について、挙げて、会社の違法性を指摘するような

ことは可能でしょうか?

 

→個別に監督署に申告を行います。書式はネットで入手できます。

 

 

>また、労働審判というのは、どのように起こすことができますか?

難しいことなのでしょうか?

 

→簡単です。6か月以内に3回以内で結審します。2回目の期日までにすべての書証を出します。最初申立書→答弁書→準備書面→証拠調べという形で流れていきます。

 

 申立書の雛型も入手は容易であると思います。ただ、書き方は弁護士や代書屋に聞いたほうがよいかもしれません。

 

 

 →まとめ:解雇通知を出された段階ではないので、合意解除の申込があった段階ではないかと思います。解雇理由を明確にしてもらわないと、質問者様も動きにくいので、「退職証明書」又は解雇理由通知書を出してもらってください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうざいます。

 

翌日、ハローワークで相談したあと、

労働基準監督署に相談にいきました。

 

退職勧奨されている状況ですので、

退職の意志はないですよと通せばよいとのことで、

日曜日に翌日から有給休暇をすべて取るようメールで

連絡したところ、電話がきて、

話をした次の日に解雇になっているじゃないの、

なにを言っているの?と言われました。

解雇予告手当を振り込まれているなら仕方ないですが、

どうなんですかと聞いたら、それはまだですけどとのことでした。

結局、解雇予告をはっきりしないまま、日付をさかのぼり

4月13日で解雇になりました。

 

16日に鍵と保険証を返しにきてというので、

退職証明書を頼んだら、まだできないとのことでしたが、

きょう届きました。

内容は、再三の説得にもかかわらず

就業規則第55条(○)(○)(○)項に規定する事項が

改善されませんでした。したがって当社は社内秩序維持のため

解雇しますとのことです。

規則の内容が明記されていなかったので、

よくわからなかったのですが、就業規則のコピーをもっていないので、

就業規則をあとから送ってもらうということは、可能でしょうか?

専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

>日曜日に翌日から有給休暇をすべて取るようメールで

連絡したところ、電話がきて、

話をした次の日に解雇になっているじゃないの、

なにを言っているの?と言われました。

 

 

→退職予定者から有給休暇の請求があった場合、使用者がわの時季変更権の行使はできません。

 

>退職証明書を頼んだら、まだできないとのことでしたが、

きょう届きました。

内容は、再三の説得にもかかわらず

就業規則第55条(○)(○)(○)項に規定する事項が

改善されませんでした。したがって当社は社内秩序維持のため

解雇しますとのことです

規則の内容が明記されていなかったので、

よくわからなかったのですが、就業規則のコピーをもっていないので、

就業規則をあとから送ってもらうということは、可能でしょうか?

 

 

→コピーを送ってもらうべきです、普通別紙に就業規則の条文を記載します。

 

監督署で就業規則を閲覧することもできますので、書き取ってくることも可能です。

 

 使用者が主張する解雇理由は、通常、労働能力の欠如・喪失、労働者の適格性の欠如・喪失、労働者の規律違反行為、経営上の必要性などですが、このような抽象的理由だけにとどまらず、それを基礎づける具体的事実の摘示が必要です。

 

 傍線部分が解雇権濫用に当たることは明白です。

 

 

 

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問