JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

千葉県在住、古関と申します。早速ですが、協同組合の理事長が個人の会社の家賃などの支払いを、組合の口座から支払っており

解決済みの質問:

千葉県在住、古関と申します。早速ですが、協同組合の理事長が個人の会社の家賃などの支払いを、組合の口座から支払っておりました。その会社は昨年から奥さんが引き継いでおります。21年度分は支払っていただきました。何年前まで請求できますでしょうか。よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

協同組合の理事長が理事長個人が経営する会社の家賃の支払に組合のお金から、無断で理由なく支払っていとしたら刑事罰にも該当する行為だと思われますが。

 

ご質問は、何年前までの請求が出来ますかとのこですので、その点につきまして回答致します。理事長が故意または過失によって、組合に損害を与えた場合、民法709条の不法行為責任が発生します。 不法行為責任の消滅時効期間は損害の発生及び加害者を知った時から3年以内に請求しないと時効によって消滅します。ですから遡って3年間は請求できます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

税務暑の調査などでは、過去5年、悪質な場合は7年と聞いております。

21年度分は22年度に一方的、仮払金を立替金にして(500万円くらい)返済されましたが、内容は自宅の電話などから始まりほとんど私物化しておりました。その理事長も22年度に亡くなり今は、私的会社は奥さんが役員から代表取り役で次いでおります。刑事罰に該当すると思いますが、

本人はもういません、会社の家賃などは7年くらいまで調べたらところ組合支払ておりました。税務署関係の調査が入った場合、家賃の立替などは3年前までの請求でしょうか?

宜しくお願いいたします。

 

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

貴組合が全理事長に対して請求できる民事上の権利は、先に回答した通り、加害者が前理事長であったことと私的流用をしていたことを知った時から、3年以内に請求しないと消滅時効にかかります。権利があっても、権利の上の眠っていた者を法は保護しないという主旨です。請求できる期間が3年分の家賃という意味ではありません。(私の前の回答で3年分とも読めるような曖昧な回答になってましたことをお詫びして訂正致します。3年分しか請求できないと言う意味ではありません。)

 

加害者と加害の事実を知った時から3年以内に権利を行使して下さいという意味です。(ですから、ある意味3年分は少なくとも請求できるのも事実ですが。)何年分遡れるかは、税法上の絡みもあるでしょうが。税務申告については専門家ではないので、税務当局のご指導に従って、請求なさって下さいませ。

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問