JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4772
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

精神病を患っている。不倫をしている。事を先に言っておきます。 口約束は成立するのか? 成立したとして、それが行わ

質問者の質問

精神病を患っている。不倫をしている。事を先に言っておきます。
口約束は成立するのか?
成立したとして、それが行われなかった場合、罪に問えるのか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 まず、ご相談者様がお付き合いされている彼氏が既婚者である場合は

結婚の約束をしていたとしても、基本的には不貞行為でしかありません。

そのため、そのような状況での結婚の約束が有効かどうかは難しいところで

一般的には公序良俗違反で無効と考えられます。

確かに、夫婦関係が破綻していたのではないかと言う憶測も成り立ちますし

もしそうなら、不貞行為に当たらないとも言えます。

子供のためとはいえ、別居もしてないようだと破綻していることの証明は

非常に難しいとも言えます。

 また、不貞行為が発覚した場合の慰謝料は、離婚していなくても

有責配偶者に請求できます。その場合は、慰謝料は奥様の固有の財産となります。

また、現状のまま、不貞行為を続ければ、どこまで行っても

慰謝料請求の対象となりますのでご注意が必要です。

 ご相談者様が精神疾患を患っていたとしても

判断能力が劣っていると言うことでない限り、口約束でも成立はします。

ただ、公序良俗に反するものは無効です。

無効であれば罪にも何も問えません。

 また、そういう不確実な、約束を信じて、ご相談者様が人生を浪費するのは

どうでしょうか?

 本当に離婚をする気があれば、すぐにでも離婚調停でも何でもすべきかもしれません。

夫婦の関係が終わっても親子の関係が終わる訳ではないので

お子様を理由とする場合は、私の多くの実務の実績からは疑問な部分はあります。

隠れて会って、発覚すれば、その都度、慰謝料の請求もされかねません。

いろいろ冷静になってお考えになってみるべきかもしれませんね。

質問者: 返答済み 5 年 前.
つまり、結婚さえしていて不倫相手が見つかれば、その相手に結婚の話さえだせば、彼は何の罪にとわれる事は無いのですね。
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

彼自身は、奥様に不貞行為の慰謝料を請求されるだけでしょうね。

不貞行為は、刑法犯ではありませんから逮捕をされる訳ではありません。

また、結婚詐欺となれば、結婚することを理由に金銭を巻き上げることですから

そういうことがなければ結婚詐欺とも言えません。

既婚者と結婚の約束をすることが無効とも言える行為かもしれませんね。

ご相談者様が、いつまでたっても相手の奥様から慰謝料請求の危険性から

逃れることができなくなります。

質問者: 返答済み 5 年 前.

不倫相手であるかぎり、どんな精神的苦痛を味わおうが彼には何のダメージも負うことなく奥さんへの慰謝料を払えば問題解決と言うことですが。

彼の言うとうり家庭が破錠していた場合、不貞行為ではないと言うのは、どういう意味ですか?

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦関係が破綻している場合は、基本的には戸籍上の夫婦関係があるだけで

後は、離婚条件だけが決まれば即離婚になるような

離婚秒読み態勢のような形であれば、他の異性と付き合おうが

不貞行為とは認められないとさsれています。

夫婦関係が破綻していれば相手を縛ることには意味がないと言うことですね。

その場合、よくあるのが重婚的内縁関係と言われるものです。

 そこまでいけば、破綻はしていると認められるでしょうが

かなり証明は難しいとされています。

 まず、お子様がどうのこうのの時点で、離婚に本気かどうか疑わしい部分は

ございます。

 法的には認められませんが、中には手切れ金的な慰謝料を要求される方も

います。逆に言えば、それも支払われないような状況であれば

その関係が、本物かどうか判断が難しいかもしれません。

なぜなら、高額な慰謝料を奥様に支払っても愛人と再婚したい方も

多くいらっしゃるのですからね。

いろいろお考えになる時期かもしれません。

待つのは大変ですね。ご心痛お察し申し上げます。

法律 についての関連する質問