JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

損害賠償請求の民事訴訟を起こそうと考えています。 事の起こりは、偶々無施錠の状態にあった、自転車が職場で盗難に遭い

解決済みの質問:

損害賠償請求の民事訴訟を起こそうと考えています。
事の起こりは、偶々無施錠の状態にあった、自転車が職場で盗難に遭いました。
しかし、同日自分の自転車の部品を付けた自転車を発見し、翌日犯人は現行犯逮捕になりました。
盗まれた自転車は返却されましたが、翌日時点車のフレームが歪んでおり、乗るのが危険な状態である事が判明しました。(返却されたとき乗って確かめなかったため、気づきませんでした。)
後日現場検証の時に、口答で警察の方に自転車が破損されている事を説明しました。
犯人は糖尿病と脳梗塞、心不全にて生活保護の受給で生活しています。
両親は他界しており、妹が海外で生活している様です。
持ち家に住んでいる様ですが、敷地まで所有しているか解りません。
(昨年まで数年間沖縄に住んでいて、実家には戻っていなかったそうです。)
自転車は総額80万以上かかっており、盗んだ本人も十分高価な自転車である事は理解していました。
警察は盗難時の被害総額は50万円としていました。
ちなみに犯人は自分が自転車のフレームを歪ませた事は認めていません。
しかし、自分が普通に乗っていた自転車が戻った時には歪んでおり、犯人が壊したとしか考えられません。残念な事に、自分が乗っていた時は問題なかった事が直接証明できません。
こういった人物から確実に損害賠償を請求し、時間がかかっても全額払ってもらう事は可能でしょうか?
 おそらく賠償金が幾ばくか払う様な判決が民事で出たとしても、とてもじゃないけどまともに払い続けるとは思えません。
法的に生活保護のお金を差し押さえる事はできませんし、担当の民生委員の人も交えて、市役所の方から、一定金額を自分の口座に振り込んでもらう様にする事はできないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のshihouと申します。
以下のとおり回答いたしますので、ご不明な点は続けてご質問ください。

 

残念ながらお考えの通り、現実的に回収することは極めて困難でしょう。
法律や裁判所を利用しても無いところからは取れないのです。
そのうえで回収の可能性を検討します。

 

ご存知のとおり生活保護費は本人の生活に最低限必要な費用という位置付けですので差押は禁止ですし、民生委員を交えて市役所から一定額を振り込んでもらうことも強制できません。「お願い」してみるのは構いませんが、本人にその気がないでしょうし民生委員も関与したがらないだろうと思います。
保護費も一旦口座に入ればただの預金債権として差押は可能ですので、銀行振込により支給されていれば支給日を狙って強制執行することでいくらかは回収できる可能性がありますが、現在は手渡しでしょうか。
手渡しか振込みかの運用は福祉事務所によりかなり異なるのでなんとも言えないのですが、特に指導の必要がなければ2回目以降から随時振込に変更されるのが通常です。
強制執行をかけるにはまず裁判の判決等債務名義を取ることと、振込先銀行がどこの支店かまでを調査する必要があります。

執行費用は1回1万円前後で口座にお金があればそこから回収できますが、空振りに終わると持出しのお金が増えてしまいます。

 

あとは持ち家の敷地を所有ないし相続していればそちらからの回収も検討に値しますので、まずは法務局で登記事項証明書を取得して調査してみましょう。1筆700円で調べられます。
請求する際にはまず住所から地番を調べなければなりませんが、方法は法務局の窓口で教えてもらえます。収入印紙を購入するお金さえ持っていけば、身分証明書等も不要です。

もし本人所有ないし共有持分を持っていればこちらも強制執行により回収をはかることが可能ですが、不動産に強制執行をかけるには債権者側で数十万円の予納金を用意する必要があるためハードルは高いです。

 

上記の手間や費用を考えると、納得はいかないと思いますが保護費が支給されたのを見計らって犯人のところへ直接取り立てに行くといった方法が一番マシかもしれません。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問