JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

すみません。 初めてご連絡させて頂きます。 先週の26日に、駅のホームで、知らない人と喧嘩になり、相手が先に手を出してきたので、応戦し、結果として、相手の鼻を骨折させてしまいま

質問者の質問

すみません。
初めてご連絡さ せて頂きます。
先週の26日に、駅のホームで、知らない人と喧嘩になり、相手が先に手を出してきたので、応戦し、結果として、相手の鼻を骨折させてしまいました。
警察に二人で行き、事情聴取され、結果として、お互いに告訴せず、自分が治療費払う事で、示談という形になりました。
先方から、先日、保険適応外の金額に対して自分が支払う内容が記された、先方の勤務している誓約書が届いたのですが、自分だけでなく、保証人の欄もありました。
こうした場合、保証人も、絶対必要なのでしょうか?

こうした質問が、この場で適切であるかどうかわかりませんので、お分かりになる範囲で結構ですので、何卒宜しくお願いします。

補足説明として、分は、相手に、首を絞められましたが、怪我はしてません。ただ、首が痛くなりましたので、通院はしました。
記憶は、完ぺきではないのですが、2人とも、飲酒後の帰宅中、急に、ホームでぶつかりました。自分は、普通に直進して歩いていたのですが、相手が、急に、階段(?)の脇から、曲がって、ぶつかったと思います。
自分が払いのけ、そのまま直進したのですが、相手が、それに対して、怒り、ホーム施設の何かを蹴り、それに反応して、自分が振り向き目が合ったのが切欠でした。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

お支払いは一括でしょうか?それとも分割でしょうか?

分割の場合は、やはり途中で支払いが滞ることを危惧して保証人を付けてほしいといわれることもございます。

ただし、一括、分割かかわらず、保証人を付ける義務があるわけではありませんので、上記のとおり、相手方への支払い方法をできるだけ一括又は短期の分割で調整し、交渉してみては如何かと存じます。

 

また、質問内容から若干それますが、誓約書に以下のような清算条項は入っていますでしょうか?

(例)

”甲と乙は、本条項に定めるほか、何らの債権債務のないことを相互に確認する。”

 

後々追加の請求などされないように、このような清算条項が入っているかどうかご確認されておくと良いかと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご連絡有難うございます。 又、説明不足ですみません。

 

まず、相手の請求金額が、現状では、分かりませんので、いづれかの方法で、と確定出来ませんが、前回先方と話しました時、金額によっては、分割でと自分から頼み、先方も了承済みでした。 只、その時は、誓約書の件は、何も言われず、こうした理由による外傷治療の全額は、全額保険でおりない皆だけ言われました。

 

又、文面には、ご質問の、"甲と乙は、本条項に定めるほか、何らの債権債務のないことを相互に確認する。"というという文面はなく、

 

健康保険法の規定による保険給付を受けた被害者(先方)が加害者(自分)に対して有する損害賠償請求権を、健康保険法第57条の規定により、その価額の限度において代位請求があった場合は、加湿割合に応じて、支払う、

 

という皆の文章になっております。

 

こうした場合、ご推考の文面を、先方に入れさせるのは、話し合いで可能でしょうか?

又、どうしても、家族には迷惑をかけたくないので、最悪の場合でも保証人にはしたくないので、自分の署名だけで済むのでしょうか?

 

以上、宜しくお願いします。

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

まだ請求金額が確定していないということであれば、確かにご返信頂いた文面が盛り込める限度かと思いますし、それで問題ないかと存じます。

 

また、保証人の件は先に述べました通り、できるだけ早く支払うことを条件に交渉してみてはいかがでしょうか?

正直な話、話がこじれて誓約書の内容で合意できなければ困るのは相手方です。

※合法的かつ強制的に金銭を回収するのは、一般の方が思っているより大変なことですので。

言い方は悪いですが、できるだけゴネてこちらの条件をのませるよう、粘り強く交渉してみては如何かと存じます。

 

 

 

法律 についての関連する質問