JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

解雇について、解雇予告手当金の請求は可能でしょうか

解決済みの質問:

派遣社員として2月20日から3月末までの契約をし、一回目の契約が今月末の3月末の契約が終わり、6月迄の契約延長の契約を3月中旬にしたのですが、一回の無断欠勤と私用を理由に外出(自分の仕事のため)を依頼したところ当日解雇(本日)され、4月1日からは来なくて良いと言われたのですが、解雇予告手当金の請求は可能でしょうか。 宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
解雇をする場合には当然に正当な理由が必要であり、正当な理由がない解雇はそもそも解雇権の濫用として法律上無効とされています。

そのため一回の無断欠勤及び私用を理由とした外出を依頼したことによる解雇は、解雇権の濫用として無効となる可能性が高いでしょう。

また解雇をする際には、少なくとも30日前までの予告をするか、30日以上の平均賃金の支払が必要となります。

よって当日解雇というのであれば、30日以上の平均賃金の請求が可能でしょう。
takatsukasaをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問