JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

始めてご相談させていただきます。 元主人が自己破産をしました。 昨年10月、 連帯保証人の解除の手続きをするので、来てほしいと言われ、書類にハンコを押しました。 先日、連帯保

解決済みの質問:

始めてご相談させていただきます。
元主人が自己破産をしました。
昨年10月、 連帯保証人の解除の手続きをするので、来てほしいと言われ、書類にハンコを押しました。
先日、連帯保証人にはなっているので払ってほしいと銀行から連絡あり、話を聞いてみると、その時の書類は全然関係ない書類だと説明がありました。
書類にハンコを押すときは、私自信も連帯保証人を外す書類だと認識していなかったこともあり、担当者からも一切その書類のことについて説明は受けていません。
銀行さんから誠意のある 態度を示してほしいと思いますが、絶対に連帯保証人には非は認めません。
借金返済額は70万ほどです。
わざわざ裁判を起こすほどでもない気もしますし、銀行相手に責任追求しても勝てるとは思えません。
なにかいいアドバイスがありましたら、助言お願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のshihouと申します。
以下の通り回答いたしますので、ご不明な点がありましたら続けてご質問ください。

 

まずはお書きいただいた経緯について少し確認させていただきます。
保証契約締結時には内容を理解され了承の上で連帯保証人になったが、昨年10月に元夫から「連帯保証人の解除の手続きをするので、来てほしい」と言われ銀行でなんらかの書類にハンコを押したので、連帯保証人ではなくなっていると思っていた、ということでよろしいでしょうか。

 

上記の事情で間違いがなければ法律的には連帯保証人の責任を免れることは無理であり、元夫に代わり銀行に返済しなければならないですね。また元夫に代わりに返済した分を返すよう請求するのは構いませんが、任意に返さない場合に裁判等で支払いを強制することもできません。

 

昨年10月にハンコを押した書類はどういった内容のものだったのでしょうか。
氏や住所変更の届けといったものであれば、銀行として道義的に十分な説明義務を果たしたと言えるのかという点はともかく、保証人の責任については担当者からの説明の有無で結論に影響はないです。

 

お気持ちとしてはご納得のいかない結論だと思いますが、最初に契約書にご自身の意思で署名・押印し連帯保証人になった以上、その責任を負わなければならないのは法律上仕方のないことです。

 

このまま支払いをせず放置するとご自身の信用情報に滞納の情報が記載され、いまお使いのクレジットカードが使えなくなったり、借入れが必要な際の審査が通らなかったりといった悪影響が出てきます。

さらに一定期間が経過すれば銀行としては債権譲渡や支払督促・裁判等の手段で回収をはかることになりますし、長引かせればそれだけ利息が加算されることになりますので、速やかに返済されるのが最も利に適う選択です。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました。

 

借り入れた際、私も納得して借用書にサインしましたし、借金については全額払うつもりです。

ご指摘あるとおり、延滞金もかかってきますし、メイン口座を押さえられてしまっているのでかなり困りますし、4月2日に銀行へ行ってきます。

 

私の親もお金を貸していたことから、別れた主人とは弁護士さんを通じてしか話が出来ず、詳しくは聞けなかったのですが。。。

連帯保証人から外してほしいということは、離婚した時からずっと担当者に言っていたそうです。

同時進行で新たな借り入れの話をしていて、経営状況からそれは審査がおりず、1年近くたったところで、一度返済の一時ストップをしてみては?と担当者から話が来たそうです。

その件については銀行からも了解が得られ、手続きをしたそうです。

私が連帯保証人解除の書類だと思ったものは、どうやらその手続きに必要だった書類でした。

ただ、別れた主人も担当者から私を呼んでほしいと言われた際きちんとした説明がなく、あの話がとおりましたから連帯保証人の方を呼んでください。。。という感じだったので、てっきり連帯保証人解除がとおったと思ってしまった。

私が担当者と会った際も(初対面でした)書類についても何の手続きで呼んだか等、説明がありませんでした。

 

言ってしまえば、別れた主人の勘違い、私の確認ミスです。

ですから、返すものはきちんとお支払いします。

ただ、担当者の説明も不十分では?

連帯保証人解除の話は担当者止まりで銀行の上には伝えてなかったそうです。

今回、融資担当課長の方とお話ししたところ、連帯保証人を変えてほしいなら別の連帯保証人になって下さる方を見つけていれば、変更は可能だと言われました。

代わりになって下さる方はもう見つかっていました。

担当者からそのことについても説明はありませんでした。

 

返済額の減額や免除などは、こちらにも落ち度があったのですから考えていません。

ただ、担当者、その責任者である銀行の落ち度もあったのでは?ということを認めていただきたい。

懐石料理屋を経営していたため、同じ横のつながり、お客様として知り合った方、取引していた業者の方、等、その銀行に多額の預金をしている方、借り入れをしている方、多く知っています。

その方たちにも、信用で商売している銀行から不信感を持ったということを伝えたくありませんが、このままではあそこは注意してね。と言いたくなります。

考え方が子供なのかもしれませんが、銀行のミスも認め、きちんと社員教育していくという言葉を聞きたいだけです。

 

ミスを認めさせるというのは難しいですか?

一言、説明不足でした。と言っていただくのも無理でしょうか?

ただ、良心の問題だと思うのですが。。。

 

長文になり、また説明が長くなり申し訳ありません。

なにか銀行側からの誠意あるコメントを引き出すアドバイス等ありましたらよろしくおねがいします。

 

 

専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

それでは、続けて回答します。

 

書類に署名・押印するというのは、書類に書かれている内容を意思として表示するという行為です。
署名する方が内容をしっかり理解してから署名すべきなのはもちろんですが、署名を求める銀行側にも内容をきちんと説明する義務があります。仮に元夫に説明していた場合でも、改めて署名する方に説明して理解してもらわなければならないのは当然のことです。
この点、返済の一時ストップ?の手続きに際して銀行側が十分に説明義務を果たさなかったという落ち度があると言えますね。

 

ですが、ご希望のような形で相手にミスを認めさせる、一言、説明不足でした。と言ってもらうためには、残念ながら法律はあまりお役に立てません。
法律というのは結局のところ相手を打ち負かすための武器であり、心を動かす道具ではないからです。
交渉の中で法律を持ち出すというのは相手の目の前で武器を構えるのと同じですので、当然相手も身構え武装します。
銀行は防衛本能の強い組織ですので、そうなってしまえば決して責任を認めないでしょう。

 

ここからは法律の専門家としての回答とは言えないのですが、私はお書きいただいた事情を読んで、ご希望はもっともだなと納得しました。
ですので、ご自身のお気持ちをそのままお伝えになるのが一番だと思います。

 

「銀行側にも責任があるのではないか」という主張をすると相手も身構えてしまいますので、ここにお書きになったように「銀行側の対応で私はこんな残念な気持ちになったんです」という風にお話されると相手にも伝わりやすいでしょう。
責任を追及したいのでも返済額の減免を求めているのでもなくて、ほかの人が私のような気持ちにならないようにお話したことを生かして欲しい、そのことをお約束していただけたらこれからも気持ち良くお取引が続けられると思う、と言うのも良いと思います。

 

それでも支店できちんとした対応が受けられなければ、各銀行が設けている苦情相談窓口か、全国銀行協会が設けている相談窓口にお話しをしてみてください。
こちらの窓口ではきちんとお話を聞く訓練を受けたスタッフが対応してくれます。

全国銀行協会では電話でも面談でもご相談できますので、詳細はこちらのURLから確認してください。
http://www.zenginkyo.or.jp/adr/about/index.html

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問