JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

賠償金について教えていただきたいです。

解決済みの質問:

賠償金について教えていただきたいです。二ヶ月前に大手引越し業者に自営店の引越しを頼みました。その作業中に店内のパイローラーという器械を破損されてしまいました。そのまま業者さんに預けてあります。最初の段階は修理できるかどうかを私が購入したお店にお問い合わせをして、解答は外国製品ののため修理できないということでした。同じものを探してもありませんでした。引越し業者の方から賠償金で話を進めさせて下さいと言われて、そのように話を進めました。しかし、この話が出るまで引越し業者から連絡が少なく、ほぼ私の方から電話して聞いてという感じでした。それも一ヶ月かかりました。二ヶ月目に入ってから査定員に鑑定してもらいますのでその結果で賠償しますと言われました。それもなかなかはっきりした結果がなく、いつも時間だけ先延ばしされる状態です。あまりにも対応が悪すぎて、状況報告もすくなくお客様相談窓口に電話をしました。それから報告はあるものの、私のほうからもはっきりその日に電話くださいと催促をしました。先週に4月の第一週目に振込みをしますと言われました。こうはっきりした返答も私がもうはっきりした結果をいただかないと弁護士に相談させてもらいますよと言ってからです。査定員の鑑定結果で賠償金を支払われるのに納得がいかなく相談させてもらいました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のshihouと申します。
以下の通り回答いたしますので、ご不明な点がありましたら続けてご質問ください。

 

引越し業者は損害保険に加入しているため、保険会社の査定員に損害額を査定させ保険会社からの支払いを待つ形で進めているのだと思いますが、対応が酷いですね。

 

損害額の算定について査定員の判断に従う必要はなく、ご自身で同一製品や同等製品の中古価格を調べるか、購入価格から経年劣化・損耗分を引いた金額を時価として算定し、その金額を請求すれば良いのです。
そのほかに器械の破損で特定の商品が作れなかったなど業務に支障が出たことにより、本来得られるはずの利益を失ったという事情があれば(この利益を「逸失利益」といいます)、それも損害として併せて請求することができます。

 

4月に振込まれる金額とその算定根拠は確認したでしょうか?

電話ではなく書面で出してもらいましょう。急ぎならFAXでも構いません。

保険会社は支払う保険金が安い方が利益が出るため査定額を低く算定するという傾向がありますので、査定の内容とご自身で算定した金額を比べてみて、差額が大きいようであれば弁護士・司法書士(請求額が140万円までに限る)の代理人を立てて請求することも検討されれるとよいでしょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。しかし、計算の仕方がよくわかりません。48万未満の金額を賠償すると電話で言われました。その器械は去年の六月に中古店で買ってから半年しか使ってません。前の持ち主もあんまり使ってませんでした。定価は70万でしたが、私がお店を開くためよくその中古店を利用していたため、35万で購入しました。同じ大きさと機能をするその機械は少なく見つかりにくいものです。実際探しても見つかりません。もし、代理人を依頼する場合はいくらくらいかかるでしょうか?

専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

中古価格70万円のところ、半額で購入したということですね。


70万円が市場価格として妥当なものであれば、それを基準に60万円程度の損害賠償を請求すると良いのですが、実際の購入額が半額の35万円だと相手が知ればそちらが正当な市場価格だとの主張をされる可能性があります。
賠償の基準となる時価の算定法は法律で決まっているものではないため、流通量が少ない商品、一点ものの商品などは客観的な金額を算定するのは難しいです。
新品の定価と製造年がわかれば、食料品製造業用設備の減価償却の耐用年数である10年から計算する方法もありますが、こちらの計算の方が金額は安くなるケースが多いですね。

 

同じ大きさと機能をするその機械は少なく見つかりにくく、実際に探しても見つからないということを強く主張し、中古価格70万円で、半年使用したから賠償額は60万円が妥当だ、という主張をされてはどうでしょうか。
中古価格70万円の根拠は?と言われて購入店に問合せをされ、35万円で買ったと知られてしまうのは良くないですが。

 

35万円で購入したところ、それ以上の金額の支払いが受けられるのであれば悪い話ではないと思いますので、あまり強気で主張してこじれさせるよりは金額が上がれば儲け物ぐらいの気持ちで主張し、さっさと払って貰いお店に専念されるのが良いと思います。

対応の悪さで不愉快な思いをされたことや、納得のいかないお気持ちを抱くのも無理はないと思いますが、問題を長引かせて得られる金額よりも、費やす労力や手間といった失うものの方がきっと大きいです。

 

代理人の報酬については現在は報酬が自由化されているためこちらでご案内することはできませんので、弁護士・司法書士に直接ご確認ください。
司法書士で安い所でも報酬総額は10万円~なので、逸失利益の請求がないのであれば代理人を頼むとかえって手取り金額が減ってしまう可能性がありますね。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問