JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 987
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

家主が、亡くなり、相続人を探す間、弁護士が管理していたのですが、いつの間にか、借家が、競売にかかけられていした。今年

解決済みの質問:

家主が、亡くなり、相続人を探す間、弁護士が管理していたのですが、いつの間にか、借家が、競売にかかけられていした。今年の2月中頃に通知が届き
3月31日に明け渡しと記載が、ありましたが、新しい転居先には、仕事の関係上4月末にひっこしできるのできるます。立ち退きをおくらせれるのでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
まず、競売にかけられた理由にもよるのですが、借家を借りられたときに
すでに抵当権がついていた場合、この場合は、競売のときから6ヶ月以内にでて
いかなければならないことになっています。
もし、賃貸契約の時点で抵当権がついていなかった場合には、そもそも
出ていく必要がありません。引き続き居住する権利が認められます。
賃貸契約の時点で抵当権があったかどうかは、契約時に受け取った重要事項説明書
をご覧になると確認できます。

上記を踏まえた上で、3月の退去が法律上必要ないようであれば、4月の転居を
堂々と主張すればいいですし、もし法律上は3月に出ていかざるをエないようであれば、
事情を説明しつつ、どうしても3月中の転居は無理であるということで、条件交渉される
とよいでしょう。
法律的に3月末までに出ていかなくてはならないとしても、実際に無理やり追いだそう
とすれば、裁判所の手続きが必要になり、相手も費用がかかる上に、手続きにも時間
がかかりますから、なんだかんだといいながら4月末まで事実上引き伸ばせる可能性
も高いですし、1ヶ月程度であれば、了解を得られる可能性も高いでしょう。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
契約書は、亡くなった母親が契約していたため、書類は、ありません。但し、管理している弁護士に、説明して住んでいます。1か月のばせれるでしょうか
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
立退き要請の連絡はいつ来ましたか?また、競売の時期を教えて頂けますでしょうか。

法律 についての関連する質問