JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

新聞奨学生です。1年間働きました。3月31日で退職します。有給休暇を1日も取っていません。あさって以降6日間有給休暇

解決済みの質問:

新聞奨学生です。1年間働きました。3月31日で退職します。有給休暇を1日も取っていません。あさって以降6日間有給休暇をとるこができますか。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
有給休暇については、雇入れの日から起算して6ヶ月間継続して勤務し全労働日の8割以上出勤した場合には10日間の有給休暇を取得することが出来るようになります。

但し1週間の労働時間が30時間未満の場合は比例付与といって有給休暇日数が減少します。
この場合には週の労働日数が4日以下かどうか、月ごとに労働日数が決められているのであれば、年間216日以上であれば比例付与の有給休暇日数となります。少々細かくなりますので比例付与となるようでしたら、こちらで日数を確認して下さい。
質問者: 返答済み 5 年 前.

雇用者は有給休暇の申し出について変更する権利があります。今回は3月で退職ですので4月変更することはできません。とすれば、必ず有給休暇は認められるものですか。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
有給休暇は、前記の要件を満たすことによってその権利が発生するものです。また取得については労働者が取得時期を指定すればいいだけです。

会社は取得時期を変更するようにお願いができますが、今回のケースのように4月以降は退職するとのことであればその取得を拒むことはできません。
takatsukasaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問