JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

10年以上前に盗まれたバイクを最近盗まれたと被害届を出してしまいました。警察から受理番号の連絡がきて、その際に「

解決済みの質問:

10年以上前に盗まれたバイクを最近盗まれたと被害届を出してしまいました。警察から受理番号の連絡と「間違いがあるので訂正する為、警察にきて下さい。」と連絡がありました。警察の間違いを訂正する際に申告した被害届の盗まれた時期と場所を訂正することは出来るのでしょうか。


また、警察に対してどのような対応をすればよいかアドバイスがあれば教えて頂きたい。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

そうですね、間違っていた旨を申告して被害届の訂正を申し出るべきかと存じます。

 

仮に、このまま虚偽の被害届を出していた場合、その事実が明るみになればその内容によっては、最悪の場合、虚偽告訴罪、それでなくても軽犯罪法に触れる恐れがあります。

 

虚偽告訴罪が成立した場合、3月以上10年以下の懲役に処される恐れがありますが、この罪が成立するには、特定の誰かを罪をきせる目的が必要になりますので、被害届が盗難(誰に盗まれたか特定していない)であれば、罪に問われることはないかと存じます。

 

しかし、軽犯罪法に抵触する恐れは十分にあり、その場合は拘留(数日の拘束)又は科料(100万未満の罰金みたいなもの)に処される恐れはあります。

  軽犯罪法1条16項

  虚構の犯罪又は災害の事実を公務員に申し出た者

 

このまま放っておいても、そのうち事実は明るみになる可能性は高いかと存じます(10年前の事実を最近のことであると偽るには無理があり、そのうちボロが出るのは明らかかと存じます)。

ですので、ご自分から正直に申し出て、穏便に済ましてもらえるように少しでもその心証を良くしておいた方がよろしいかと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

 

この時点、間違っていた旨を申告して被害届の訂正しても軽犯罪法になってしまうのでしょうか。

 

穏便に済ます方法などございますでしょうか。

 

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

本当に勘違いなどで間違っていただけであれば刑罰にはあたりませんのでご安心ください。

また、仮に軽犯罪法に触れる場合でも、その処分が必ず行われるというわけではありません。

 

軽犯罪法2条

前条の罪を犯した者に対しては、情状に因り、その刑を免除し、又は拘留及び科料を併科することができる。

 

前述のとおり、ご自分から正直に申し出れば、免除されることの方が圧倒的に多いです。

 

 

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問