JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

都立盲学校に通う 高2の息子が 本年2月6日に校内で 同校の同級生Aに 突然、故意による殴打をうけました。 床に倒

質問者の質問

都立盲学校に通う 高2の息子が 本年2月6日に校内で 同校の同級生Aに 突然、故意による殴打をうけました。
床に倒れ、 その後も 教師が止めに入るまで、4打ほど殴られたり 蹴られたりし続けました。

当日は 口の中を切り 衝撃で首が痛く整骨院へいきました。
息子に対する対処はこれだけでした。

また、Aは 次の日からも登校しています。
学校は この事件を 教育委員会には 報告を入れています。


その後
同月25日に 急に視界が悪くなり 眼科に行くと 網膜剥離とのことで 緊急手術になり 3月16日に退院しましたが 現在は 視力が全くなく 不自由な生活で自宅にいます。

医師による見解は 息子が 未熟児網膜症で健常者よりも 網膜が弱いことと 何か激しい衝撃を受けたことでは・・・?とのことです。

また 網膜剥離とは 痛みという症状がないため 視界に異変があり 初めて気がつきます。

私は A君には 一方的な殴打なので 故意による傷害罪としての告訴を求めたいのです。

また 学校、教育委員会には、
目に傷害を持つ生徒と認めていながら、事件後 すぐに眼科診療を受けさせなかったという責任を 追及したいのです。

いかがなものでしょうか?

よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

>A君には 一方的な殴打なので 故意による傷害罪としての告訴を求めたいのです。

 

→刑事的には可能であると思います。

 

 民事的にも親権者たる親に対して監督義務者として義務を怠ったことによる不法行為責任を問うことが可能です。

>また 学校、教育委員会には、
目に傷害を持つ生徒と認めていながら、事件後 すぐに眼科診療を受けさせなかったという責任を 追及したいのです。

 

→法律上、不作為(何かをすべきだったのにしなかった)責任を問うことは極めて難しく、徒労に終わると思います。国(行政)の不作為責任を追及する訴訟がほとんど敗訴に終わっていることはご存知かと思います。

 

 場合によっては障害年金の申請が可能であると思います。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

返答 ありがとうございます。

A君に対して 刑事的に 傷害罪を 告訴し 親権者に不法行為責任を求める為には どのような手続きを行うのでしょうか?

 

学校に対する 不作為責任の求め方ですが 結果が敗訴になっても 今後の安全な教育現場を求める為にも 公的な返答を受けたいのですが どのような手続きを どこで行うとよいのでしょうか?

 

また 明日 A君が謝りたい。・・・ということで、

学校と A君と保護者に会いますが なにか確認を取るようなことなどありますか?  アドバイスお願い致します。

専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 刑事的には告訴状を提出します。

 

 これは行政書士、司法書士、弁護士に依頼します。

 

 

 民事的には地裁に不法行為損害賠償請求訴訟を起こします。

 

 不作為訴訟は地裁に不法行為損害賠償請求訴訟を起こします。不作為と損害との因果関係が難しい壁になりましょう。これは引き受けてくれる弁護士がいれば、の話です。県弁護士会で国家賠償訴訟に強い弁護士を紹介してもらってください。

 

後二者は素人にはやや難しいので弁護士に依頼します。

 

 念書のようなものがとれると有利です。 謝罪すること、誠意をもって対処する、後遺症については別途誠意をもって対応する、ー欲をいえば、更に金銭的賠償の合意が可能ならばその額、金銭多岐賠償が十分なレベルで合意できそうな場合には、民事的賠償を差し控える、刑事訴追をのぞまない、などの文言がよいかと思います。

 

 うまくいけば、裁判抜きで合意に達しましょう。

 

 しかし、実際は、単なる謝罪ですんでしまうことが多いと思います。相手もまさかここまで話が膨らむとは予想しないでしょうから、三回アタマを下げればチョンくらいでいるでしょう。特にくそガキときた日には。

 

 

 

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問