JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

はじめてメールいたします。戸籍のことなどで悩んでおります。料金は、かかるのでしょうか?

解決済みの質問:

前夫の子がいます。現在10才男の子


離婚時に私の苗字になっております。


現在のパートナーな子供がいます。現在1才4ヶ月男の子、現在のパートナーとは、籍が入っておりません。


現在妊娠7ヶ月です。


 


パートナーの籍に入るよう私の両親からきつくいわれておりますが、


現在パートナーは、過去に借金や前科があり、思い切りがつきません。


私の苗字をなのれば、10才の子も苗字を変えることもなく、養子の肩書きもつかないので、、、


 


パートナーは、現在、私祖父が創業した印刷会社で9年はたらいており、まじめです。


官公庁などを担当しており、会社ではいないと困る存在です。


私の母は、専務で、会社を一緒にやっております。


仕事に関しては、私たちがいないと無理だということは、母もわかっており、3人目ができた時は、猛反対で今だに堕ろすことを進めるくらいです。


 


会社のとなりが実家で私の家は、会社から離れているため、10才の息子は、会社の学区の小学校に通ってより、実家に帰ってくる毎日でしたが、籍を入れない、または、子供を堕ろさないなら、長男も実家に上がることさえさせてくれず、私の車の中で仕事の終わるのを待っている状態です。


 


家は、持ち家で私名義です。


パートナーの籍に入った場合、最悪家も手放すことになるのでしょうか?


 


パートナーの住所は、同市の知り合いのところにおいてありますが、


20年以上前の町金とクレジット会社の取り立てが何回かきました。


 


どうしたらよいのでしょうか?


 


 


 


 


 


 


 


 


 


現在は、私が社長です。(7年目)


 


 


 


 

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

まず、前夫との間のご長男の苗字についてですが、これは現パートナーの方と籍を入れても、当然にその姓に変わるわけではありませんのでご安心ください。

通常は、家族の姓が別というのは生活するうえで支障が出たりするものなので、子の苗字も合わせるのが一般的ですが(そのような申立てを家庭裁判所に行います)、何もしなければご長男は現パートナーの戸籍に入りませんし、苗字も変わりません。

また、養子について触れられていますが、これも現パートナーと籍を入れたとしても、それによってご長男が当然に現パートナーの養子になるというわけではありませんのでご安心ください(逆に養子にしたい場合、別途養子縁組の手続きをとる必要があります)。

 

次に、現パートナーの借金の問題ですが、これは婚姻したからといってご質問者様が肩代わりしないといけないものではありませんのでご安心ください。ですので、当然にご質問者様名義の財産(持家など)をその借金返済に充てないといけないということもありません。

ただし、籍をいれてしまうとその返済の猶予などを求めるために、連帯保証人などにさせられることが往々にしてあります(当然断れば問題ありませんが、籍を入れたりすると断りにくいものです)。

ですので、現パートナーの方はまず自己破産することをお勧めいたします。

自己破産すると戸籍に傷がつくなどよく言われますが、そんなことはありません。デメリットとしては俗にいうブラックリストに載るということがありますが、現パートナーの場合、昔の借金を返済していないという状況であれば、既にブラックリストに載っており、自己破産することでそれ以上の大きなデメリットはないかと存じます。

また、専門家に依頼して手続きをすれば、周囲の方(ご親族)には内緒で手続きをすることもできようかと存じます。

具体的に手続きを進めようと思われるのであれば、以下の相談窓口を通じて、専門家(弁護士又は司法書士)に一度ご相談してみてはいかがかと存じます。

 

【法テラス】

http://www.houterasu.or.jp/

 

【弁護士会】

http://www.nichibenren.or.jp/bengoshikai.html

 

【司法書士会】

http://www.shiho-shoshi.or.jp/activity/var_consulting/center_list.php

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問