JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

はじめまして、ご相談です。先日持家のマンションの機械式駐車場での事です。 私の車が上部に停まっていたのですが、下の

質問者の質問

はじめまして、ご相談です。先日持家のマンションの機械式駐車場での事です。
私の車が上部に停まっていたのですが、下の方が車を停めるために、操作ボタンで
上昇させるとすご い音がして、見ると私の車の電光板のナンバープレートが駐車場
の梁に引っかかって、落ちてしまいました。バンバーも少し傷がつきました。車止め
まで下げていなかった私が悪いと言われました。管理会社もセンサーで感知できない
でっぱりだったので、作動して上がってしまったとのこと。また操作をした方はまさか
でっぱっているとは知らず、安全確認せず上げたとの事でした。それでも最初は少し
修理代を出すと言っていたのですが、管理会社の方も入れ、話し合いをしたところ、
一円も払いたくないと変わっていました。管理会社も当事者で話し合ってくださいとの事。

やはり、全部私が自分で100%修理代を出さなければならないのでしようか?どうか
お教えください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

  ご相談者様がこちらにお書きになった文面から判断するしかないのですが。ご相談者様の過失が100%とは考えにくいと思います。<私の車が上部に停まっていたのですが、下の方が車を停めるために、操作ボタンで上昇させるとすご い音がして、見ると私の車の電光板のナンバープレートが駐車場の梁に引っかかって、落ちてしまいました。バンバーも少し傷がつきました。車止めまで下げていなかった私が悪いと言われました。管理会社もセンサーで感知できないでっぱりだったので、作動して上がってしまったとのこと。また操作をした方はまさかでっぱっているとは知らず、安全確認せず上げたとの事でした。それでも最初は少し修理代を出すと言っていたのですが、管理会社の方も入れ、話し合いをしたところ一円も払いたくないと変わっていました。>

  ご相談者様をX、加害者の方をY、管理組合A、管理会社Bとして以下回答させて頂きます。上の文面からも明らかなようにYも自らの過失は認めてい るからこそ、「修理代金の一部を出す」と言っていたのだと思います(民法709条、722条)。何故、途中から「一円も払いたくない」に変わってしまったのかは、上記文面からは明らかではないのですが。 お金の支払なので、当初から払いたくはなかったのだと思いますが、Yは当初は自分にも過失があるので払わざるを得ないと考えたのだと思います。「でっぱっていることの安全確認をしなかった」という事実に変更はないので、Yの過失はゼロと言うわけにはいかないのではないでしょうか。

  ところで、「持家のマンションの機械式駐車場」とのことですので、この駐車上は住民全員で構成されるマンション管理組合Aの共有物だと思われます。「センサーが感知できないために作動してしまった」ということですが。土地工作物の設置保存に瑕疵(欠陥)があった場合は、第1次的には管理者であるB会社、最終的には所有者であるA管理組合の責任とも考えることは可能です(民法717条)。  

  ですからYに対しては民法709条・722条、ABに対しては民法717条面で協議するという選択肢もあり得ると思います。参考になりましたら幸いです。

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
やはり話し合いは無理のようです。もしこのような事例の場合Y氏の過失割合は何パーセントぐらいになりますか?参考までに・・・
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

 貴方が主張できるMAXは理論上は50%ではないでしょうか。相手も悪いけど、自分にも非はあるので。相手は当初は自分の過失を認めつつ、今は1円の払いたくない(ゼロ)とおしゃっているようなので。

 

  50%の主張の方と0%の主張の方が歩み寄って、妥決点として中間の25%を負担させることが出来れば、貴方側からみて成功の部類ではないでしょうか。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.
  どういたしまして。YさんがどうしてもNGでしたら、だめ元で管理会社及び管理組合に民法717条の工作物責任も主張してみるのもいいかもしれませんね。

法律 についての関連する質問