JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

義父の会社が自己破産申請中です。自宅もなくなります。長男である、私の夫の名義で買い戻すように、義父母、義姉などから言

質問者の質問

義父の会社が自己破産申請中です。自宅もなくなります。長男である、私の夫の名義で買い戻すように、義父母、義姉などから言われています。我が家は住宅ローンがあり、子供もまだ小さいので経済的な余裕はないと考えています。借りたお金に関しては、義父母も義姉も一緒に返済すると言いますが、借りる時の名義も自宅の名義も夫になります。義父母・義姉も「できる限りの支払」と考えているため、このままだと、夫一人の負債になるのではないかと心配しています。法的にどのような手続きが必要か、教えてください。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

ご心配されているように、ご主人の名義で借入を行うということになると、法的にはその返済義務は全てご主人が負うということになります。

しかし、ご親族の誰かが買わなければ、自宅が他人にわたってしまうのもまた事実ですので、悩ましいところかと存じます。

また、ご親族からの借入をご検討中ということですが、これもおっしゃるとおり、現在失業中ということであれば、選択肢はこれしかないように思います(銀行等から借りようとしても融資の審査に通らない可能性が高いかと存じます)。

以上のような状態でご提案できるとすれば、ご親族からの借り入れの際に、義父母、義姉の皆様に、連帯保証人になっていただくのはいかがでしょうか?

この場合でも、ご主人が主体となって返済していくことに変わりはありませんが、もしご主人が返済できなければ、連帯保証人の方々もその返済義務が生じますので、単なる援助の口約束よりも、ご主人に協力する意識は大きく変わってくるかと存じます。

また、ご主人名義で買い戻す場合、上記のとおりご主人がメインでその負担を負うことになりますが、実際のご家族間の負担割合をどうすべきかという点ですが、これはご家族間の協議によるものなので、こうすべきという決め事はありません。しかし、実際に名義を取得するご主人が、一番多く負担するというのが一般的ではないかと存じます(その分、不動産を財産として取得していますので ← 自宅をご使用するのは義父母かもしれませんが、名目上はご主人のものになるわけですから)。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

夫の名義で借り入れても、生計が一緒である妻にも責任が生じると思うのですが、いかかでしょうか?つまり、夫婦による返済ができないと判断された時に、連帯保証人の責任が生じると考えてよろしいでしょうか?夫婦の返済可能額の予測を立てたいのですが、どちらに相談すればよろしいですか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

夫の名義で借り入れても、生計が一緒である妻にも責任が生じると思うのですが、いかかでしょうか?つまり、夫婦による返済ができないと判断された時に、連帯保証人の責任が生じると考えてよろしいでしょうか?夫婦の返済可能額の予測を立てたいのですが、どちらに相談すればよろしいですか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

夫の名義で借り入れても、生計が一緒である妻にも責任が生じると思うのですが、いかかでしょうか?つまり、夫婦による返済ができないと判断された時に、連帯保証人の責任が生じると考えてよろしいでしょうか?夫婦の返済可能額の予測を立てたいのですが、どちらに相談すればよろしいですか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

夫の名義で借り入れても、生計が一緒である妻にも責任が生じると思うのですが、いかかでしょうか?つまり、夫婦による返済ができないと判断された時に、連帯保証人の責任が生じると考えてよろしいでしょうか?夫婦の返済可能額の予測を立てたいのですが、どちらに相談すればよろしいですか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

夫の名義で借り入れても、生計が一緒である妻にも責任が生じると思うのですが、いかかでしょうか?つまり、夫婦による返済ができないと判断された時に、連帯保証人の責任が生じると考えてよろしいでしょうか?夫婦の返済可能額の予測を立てたいのですが、どちらに相談すればよろしいですか?

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

実質的にはおっしゃるとおり、その家計ごとに返済能力が決まってくるかと存じますが、法律上はあくまでご主人にのみその返済義務が生じます。

ですので、奥様もその借入に対して連帯債務者又は保証人などになっていないかぎり、仮に離婚などされた後に奥様がその返済義務を負うということなどはないということになります。

次に相談窓口ですが、法テラスという国の機関を経由して専門家にご相談するのがよろしいのではないかと存じます。

ご主人が現時点で無職であれば、無料で相談に応じて頂けるかと存じます。

【法テラス】

http://www.houterasu.or.jp/

 

その他、最寄りの弁護士会や司法書士会経由で、お近くの専門家をご紹介して頂けますので、こちらもご検討されてみるとよろしいかと存じます。

【弁護士会】

http://www.nichibenren.or.jp/bengoshikai.html

 

【司法書士会】

http://www.shiho-shoshi.or.jp/activity/var_consulting/center_list.php

 

法律 についての関連する質問