JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

息子が過酷な労働条件下の仕事で欝になりました。1月21日から仕事を休み、24日の午後退職を願い出ました。あとから傷病

質問者の質問

息子が過酷な労働条件下の仕事で欝になりました。1月21日から仕事を休み、24日の午後退職を願い出ました。あとから傷病手当がもらえることを知り、手続きを進めると退職日が21日なので資格がないといわれました。健保協会の人は、普通24日に電話したなら25日退職になるでしょうといわれたのですが、息子は会社から送られてきた書類に日付を22日に書くよう指示されていたので、何も思わずその日付を書いて退職願を出したそうです。泣き寝入りするしか仕方がないのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 傷病手当金は退職日当日に健康保険の被保険者資格があれば、申請可能です。

 

 何か思い違いをしてみえるのでしょうか。

 

 それと傷病手当金は退職してすぐ申請するものではなく、一カ月ごとに申請します。

 

  退職届けに会社の言う年月日を記載したなら、それだけでもう自己都合退職でなくなり、錯誤により無効です。

 

 

 

 

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

健保協会の人から、退職前に3日以上休んでいなければ、申請資格がないといわれましたが、

専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 >退職前に3日以上休んでいなければ、申請資格がないといわれましたが

 

 >手続きを進めると退職日が21日なので資格がないといわれました

 

 >健保協会の人は、普通24日に電話したなら25日退職になるでしょうといわれたのですが

 

 上述の記載は相互に矛盾しませんか?

 

 

 

  4日とは待期期間のことですが、21日退職の場合、実際には4日休んでいるので、資格はあるはずです。

 

 上述「3日以上」とありますが、3日以上連続かつ4日以上の誤りです。

 

 退職日は傷病手当金の場合、関係ありません。退職届の日付けが問題になることはありません。

 

 しかし退職届の日付を変更(撤回)することはできます。

 

↓傷病手当金の支給要件、申請書です。

 

 どこにも退職日の記入欄はありません。

 

 何度も申し上げますが、退職後に傷病手当金をもらうことは可能です。

 

  http://www.kyoukaikenpo.or.jp/9,0,123.html

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
それは、会社に退職日を変更してもらわなくても大丈夫ということですか?
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 ご承諾いただきましたが、補足です。

 

 仕事が原因でうつになった場合は、休業補償給付(労災保険法)の問題で、傷病手当金(健康保険法)は業務外の傷病です。

 

 ですから、仕事上のことです、と言うと、傷病手当金の対象外です。

 

 申請書にはあくまで「自宅で」、というようにしないと通りません。詳細に書く欄があります。社労士に聞けば、ここのあたりは実地に指導してくれます。

 

 22日と書いたなら、待期4日を満たしていません。しかし、実際は21日なら、待期4日は満たしていますね。

 

 待期は休んだ日にちが問題なので、いつ退職したかは関係ありません。

 

 

 

 

法律 についての関連する質問