JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

夫が浮気をしました。 夫は2囘ほど不貞があったことを認めています。 他にはなにも証拠はありません。 このような

解決済みの質問:

夫が浮気をしました。
夫は2囘ほど不貞があったことを認めています。
他にはなにも証拠はありません。
このような場合にも、夫の浮気相手に慰謝料の請求はできるのでしょうか?
精神的な苦痛を受けた慰謝料はほしいですが、それ以上に再発防止を目的に
慰謝料の請求をしたいと考えていますが、如何でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

ご主人が浮気の事実を認めているのであれば、慰謝料の請求は可能です。

しかし、実際に請求してみたら、事実を否定することも考えられますので、今のうちに会話内容を録音しておくなど、証拠集めはしておいたほうがよろしいかと存じます。

請求額は、その不倫の期間、回数や、離婚の有無などによって変わってきますが、離婚してない場合は50万~150万、離婚している場合は100万~300万程度が妥当なところかと存じます。

また、再発防止に重きを置かれているのであれば、今回は具体的な金額の請求をせず、再度行った際に、慰謝料の支払いを義務付けるような誓約書など作成するのもよろしいのではないかと存じます。

大変でしょうが頑張ってください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

大変有り難うございます。

 

主人の証言を書面にして、上記間違いありませんと自署拇印を押してもらってありますが、録音の方が良いのでしょうか?

 

浮気の期間は、8ヶ月程度です。

誓約書は主人と交わしてありましたが、それすら裏切られてしまいましたので、

今回相手に対する慰謝料の請求に踏み切りたいと考えています。

一旦踏みとどまり、相手に対する誓約書の方が良いでしょうか?

 

相手は、死別し現在は独身です。

夫に妻子があることを承知で不貞がありました。

 

相手から慰謝料の請求がくることはあるでしょうか?

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

別途、誓約書をとっておられるなら、無理に録音までは必要ありませんが、当然あったほうがベターです(証拠はあればあるほどいいというレベルの話です)。

既に一度約束を反故にされていたのであれば、慰謝料請求に踏み切った方がよろしいかと存じます(事情を把握しておりませんでしたので先のようなアドバイスをしました)。

不倫相手は不倫承諾済で現在独身ということですね。それであれば相手方よりご主人が慰謝料請求される心配はないかと存じますので、ご安心ください。

 

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問