JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

私の叔父(母(82歳)の弟(70代))は、以前から職がなく、 数年前から生活保護を受けていました。 その叔父が去

解決済みの質問:

私 の叔父(母(82歳)の弟(70代))は、以前から職がなく、
数年前から生活保護を受けていました。
その叔父が去年の12月頃に倒れ、入院し、
今も意識がありません。
家の整理をしていた母と叔母が、
ある携帯電話会社の請求書を発見して
私に相談してきました。
内容は、10月ころから使用料を支払っていなくて
2月の時点で2万円くらいだった請求額が、
今、延滞料も含めて7万近くになっていました。
契約解除しようと、私が慌てて電話して、
色々必要書類を送ってはもらったのですが、
その7万を、母と叔母が払うのもおかしいという気がしています。
こういった場合、どんな手続をしたらいいのか?
教えて頂けると助かります。
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

  ご質問者様のおっしゃるとおり、携帯料金は叔父様の債務であり、お母様や叔母様にお支払になる義務はありません。叔父様の健康もご心配でしょうが、携帯電話の契約をこのまま放置しておくわけにもいかないのではないでしょうか。

 

  ところで、特に頼まれたわけでもないのに、他人(といっても親族ですが)の仕事をする場合があることを民法は予定しています。「事務管理」といいます。最も本人の利益になる方法でやらなければなりません。(民法697条1項。) やや語弊があるかもしれませんが、一般の方に分かり易く申し上げると、善意でするおせっかいのようなものです。

 

  この場合、他人の仕事をした者が、自腹を切って本人の利益になる費用を支出した時は、その費用を返してもらう権利はあります(同法702条1項。)

 

  従いまして、上記の条文に基づき、現時点で叔父様は健康上の理由もあって、お支払や解約が出来る状況ではないので、お母様か叔母様かご親族のいずれかの方が取りあえずお支払や解約をなさり、後日、叔父様の健康が回復したらご請求なさるという方法が考えられると思います。

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問