JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

自己所有(2000年新築)のマンションの立ち退きについての相談です。私個人所有のマンションを8年前に結婚した為、法人

解決済みの質問:

自己所有(2000年新築)のマンションの立ち退きについての相談です。私個人所有のマンションを8年前に結婚した為、法人と賃貸契約を結び賃貸しておりました。今年10月末に更新を迎えるのですが私は離婚する事になりマンションに戻りたいので今年10月末の更新はしない旨を不動産屋を通して通知しましたところ、1:敷金全額返金2:家 賃6ケ月分の立ち退き料の支払いを要求されました。これは8ケ月も前に更新拒否の通知をし、私自身住居に困る状態ですが支払わなければならないのでしょうか? また、つい数日前、入居者から玄関錠を紛失したので交換して欲しいと依頼を受けた折に「震災の影響でしょうか?流し台の天板(人造大理石)が割れたのですが・・・」と一年も経過してから言われ流し台を検査しましたら震災からなのかは定かではありませんが、天板からの水漏れにより天板下のベニヤと収納扉の破損が生じていて取り換えには大変な金額がかかる事も判明しました。ざっと見積もっても100万円以上でしょうか。これでも私は敷金と立ち退き料まで支払うのでしょうか?仲介の不動産屋には別の所を自分で借りたらどうかと言われました。法人相手に面倒なのかもしれません。またこのような内容の場合、弁護士様に依頼するとどの位の費用が発生するのでしょうか?どうかアドバイス宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士のbengoshimailmeです。はじめまして。
ご質問に書かれている限りでお答えします。

立退料は法律用語ではありませんし,法律により要求されるものでもないため,立退料の適正価格というものはありません。借地借家法28条の「正当事由」を判断するための要素として要求されるものであり,これが法的根拠です。

借家の立退料は,ひとつの基準としては,借家権価格が基準となりえます。
この借家権価格とは,土地の更地の価格に土地の借地権割合を掛け,さらに借家権割合を掛けたものです。
 (借家権価格)=(土地の更地の価格)×(土地の借地権割合)×(借家権割合)
 借家権割合については,更地価格の3割前後位~4割前後位程度で算定する場合がみられます。この借家権価格を基準とし,賃貸人,賃借人の両者について,年齢,資産状態,生活状況,土地や建物に関する様々な事情などを踏まえたうえで,立退料は決定されます。

あるいは,別の算定方法として,新しい住居を探す為の費用(保証金・敷金・礼金・仲介手数料・・・etc。)や移転先に引越をする為の引越費用等を支払う事が多いようです(家賃の5~6ヶ月分)。これであればシンプルではありますね。

いずれにしても,賃借人との合意が得られる金額ということ になりますから,合意が得られるよう交渉するしかありません。この交渉は難航することも多く,賃貸人にとってはかなり面倒であるため,立退に関する専門の業者に委託する方も多いようです。また,弁護士,法律事務所でも受任しています。

・以上により,敷金の全額返還までしなければならないか,は,トータルの金額次第です。また,交渉次第ということになります。
・家賃6ヶ月分の立退料というのは,上記のとおり,一般的ではあります。要は,これに敷金の全額の返還まで含まれるかどうかですが,未払賃料がなく,部屋の汚損も通常であれば,いずれにしてもほぼ全額を返還しなければならないわけですので,それほど大きな負担ではないように思います。
・流し台の破損の費用は,震災ではないとの証拠も今のところは見つからないため,その事情を前提にすれば,逆に,借主に負担させるべき証拠がないことになりますので,貸主であるあなたが負担することになるのが普通の流れです。また,そうである場合,これは立退料とは関係ない問題です。立ち退くにしろ立ち退かないにしろ,借主の責任で破損したのではない場合(借主の責任であるとの証拠がない場合),所有者である貸主の負担ですので。
・弁護士に依頼する場合の費用ですが,一概に答えることは難しいですね。要求されている立退料の20%くらいを目安になさるとよいのではないでしょうか。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問