JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

これから離婚調停を考えているものです。よろしくお願いします。 ①1年半前の10月半ばに婚姻届を提出→12月末か

解決済みの質問:

これから離婚調停を考えているものです。よろしくお願いします。

①1年半前の10月半ばに婚姻届を提出→12月末から同居→1月半ばに挙式という流れで結婚しました。
1月半ばの挙式の時、私たち夫婦には貯金が全くありませんでした。
そこで、私の両親が挙式の翌日あたりに私の独身時代からの口座に1 00万円を入金してくれました。
夫側からは結納金などを受け取っていなかったこともあり、持参金という意味合いで入金してもらったのではありません。何かあった場合に貯金もなくては不安だろうと私がいつでも引き出せる場所に入金してくれたお金であって、使う場合には両親に相談が必要な私の両親のお金です。夫もそれを分かっていました。
この婚姻期間中に20万ほど使ってしまい、今は80万が残っています。
結婚生活の中で、夫も私も子供が欲しいという気持ちは一緒でした。私は挙式直後から妊娠と流産を2度くりかえし、今は3度目の妊娠中です。入院などもあったため、婚姻期間中に私は働いていません。その代りに孫を待ち望む私の両親が月々の生活費で足りない部分を援助してくれていました。
そんな生活の中で結婚後に二人の貯金は全くできていません。(離婚の原因の一つでもありますが彼がパチンコをするので)
しかし離婚するにあたって、彼が「持参金」を財産分与するように言ってきました。結納金もなく、新婚旅行の費用まで私の両親に全部出してもらって「持参金」という発想が出ること自体びっくりしたのですが、それを分けろなんて信じられません。
ですが、客観的に入籍後に私の口座に入金されたお金として財産分与の対象となりえるのでしょうか?

②今年1月に家の新築工事と土地の購入を契約しました。この3月には着工予定でいました。
もちろん家の頭金は私の両親が出しました。(私の両親が出してくれる予定でいたのは250万ですが、契約時金として支払ったのは家が50万/土地が30万の計80万円。残りのお金は私名義の口座に残っています。彼が持参金といっている80万円と同じ口座です)
しかし、離婚が決定的になる以前に、彼が勝手に家も土地も解約してしまったのです。
頭金を出している私の両親にも私にも一言の相談もありませんでした。「子供と家のローンを抱えてパチンコをするお金は我が家にはない」と言う私とのケンカの直後でした。
このことで離婚が決定的になったのですが、彼はローンを放棄するために契約解除の違約金という新しいローンを抱えてしまいました。
私の両親に「何の相談もなく勝手に決めたのか」と聞かれ「違約金は自分で払いますし、契約時金の80万は返すので」と彼は言いました。(ちなみにこの会話は訳あって録音してあります)
しかし今さら、違約金180万の折半を求めてきました。
違約金の折半はしなければならないのでしょうか?
むしろ一言の相談もなく契約を解除して違約金を発生させ、婚姻関係を破綻させた彼に慰謝料を請求したいくらいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

ご質問にわかる範囲でお答えいたします。

①婚姻中にできた財産では、共有の財産と固有の財産の違いがございます。

共有の財産とは、婚姻中にどちらかがご自分の力で稼いだものは

名義がどちらでも夫婦の共有の財産となると言う考え方で

この共有財産のみが財産分与の対象となります。

では固有の財産とは、もともと婚姻前から持っていた預貯金とか

婚姻後のご両親様からの贈与や、相続で得た財産です。

そう言う意味では、「持参金」はご両親様からの贈与とも言えますので

ご相談者様固有の財産です。

本来なら、月々のご両親様からの援助も固有の財産とも言えますが

そこまで厳密にすることはないのかもしれません。

②離婚理由が、経済的な問題やパチンコ等と言うことですが

基本的には性格の不一致となるので、慰謝料の請求はお互いに難しいでしょうが

先ほどの固有の財産は、ご相談者様のものですから分与する必要はありません。

また、ご相談者様のご両親様が出されたものは、ご主人様のご両親様に対する

借金と言う扱いにもなります。

違約金を折半するかどうかは難しい問題です。

本来はマイナスの財産分与は考えにくいのです。

ここはよく協議されて、まとまらなければ

家庭裁判所に調停を申立てて解決して下さい。

お金が無いということでしたので、現実問題、違約金が支払えないのも

問題ですから、とりあえず借りたまま、ご主人様とご両親様との間で

公正証書で、金銭消費貸借契約書を作成された方が良いかもしれませんね。

それとは別に、当然、離婚協議書も公正証書で作成してください。

そうすれば、養育費等支払わなければ強制執行ができます。

公正証書の作成は、離婚専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼されると

良いですね。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

supertonton様、丁寧なご回答をありがとうございます。

固有の財産と言うご説明に安心しました。

 

相談もなく勝手に家の新築工事を解約した彼に、家の建築資金として提供した80万円は最終的に返してもらえるという解釈でいいですか?

その後の違約金の折半はする必要があるかもしれないということですよね?

この場合、彼が勝手に家の建築契約を解除してしまったという事実は何か考慮されますか?

もし折半となってしまった場合に、勝手に契約解除した事実に関しても慰謝料のようなものは請求できませんか??

 

 

 

 

 

 

 

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

ご両親様から出たお金は、ご主人様が借金としてご両親に返すことになりますね。

勝手に解約したと言うのは、確かに問題となるでしょうが

その場合、解約しないとそのままローンなどを払い続けることになったかもしれません。

それはまたそれで、問題かもしれません。

とりあえず、本人が、最初に自分で支払うと言った訳ですから

そこで争う感じでしょうか。

他に財産がないので、そこが調停でも争点となるのでしょうね。

慰謝料は慰謝料で別の名目で請求した方がスムーズでしょうね。

離婚原因をもっと明確にした方が良いでしょうね。

パチンコばかりして、夫婦としての信用を喪失したみたいな感じでしょうか。

離婚原因を作ったと言うことでの慰謝料請求でしょうか。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問