JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

マンション管理組合の総会においてA氏がB氏に委任をしたがB氏も都合で総会に出席できず、C氏に委任した・ この場合、

解決済みの質問:

マンション管理組合の総会においてA氏がB氏に委任をしたがB氏も都合で総会に出席できず、C氏に委任した・
この場合、A氏の委任した議決権はどのように扱えばよいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

  Aが本人(委任者)。Bが代理人(受任者)。Cが復代理人のケースですね。場合分けが必要ですね。Bが自分の議決権をCに委任した点。更にAがBに委任した議決権をCが行使出来るかという問題とに。

 

  B氏自身の議決権をC氏に委任した点は特に問題ないと思います。B氏が一旦A氏から委任されたものを更にC氏に委任することは復委任と言ってA氏の許諾がある場合は法律実務上認められています。 B氏が自分の議決権だけでなく、A氏から受任した議決権もC氏に復委任したかどうか、そもそもA氏が復代理人の選任権をB氏に認めていたかが文面からは明らかではありませんが。

 

  通常はABの委任状にBが議決権を行使できなくなった場合に備えて復代理人をB氏が選任出来る旨の条項を、専門家が作る委任状には入っているので問題にはならないのですが。。。

 

  (一応口頭でも良いとはされているのですが)委任状・復委任状それぞれ書面で作成した方が、権利関係が明確なので望ましいと思います。まだ間に合えば、これからB氏が復代理人を選任出来る条項を入れて委任状を作成なさって下さい。若しくはA氏がC氏(またはC氏以外のD氏)に委任する旨の委任状を新たに作れば良いと思います。

 

  既に議決がなされた案件で、復代理に関する委任状がなかった場合は、B氏がA氏の議決権を行使出来ない場合、B氏が復代理人を立てて議決権を行使することを認める意思がA氏にあったかなかったかがポイントになると思います。

 

  A氏がB氏に(口頭にしろ認めていれば、)復代理人選任権を認めていれば、B氏がC氏に議決権を行使させることは出来ると思います。

 

  A氏がB氏に復代理人選任権を認めていない場合、A氏は新たにC氏(またはC氏以外のD氏)を口頭でも選任する必要があります(既に総会が終っているとしたらありました。)

 

 

  以上が法律上の説明になりますが。マンションの管理組合の総会委任状は、マンション管理会社が代行してつくるのでしょうが、専門家ではないので復代理人選任権まで明記されている場合は少ないと思います。

 

 総会がこれから行なわれる場合は、管理組合理事長宛に、A氏が新たな代理人を決めて委任状を出し直すのが一番簡単だと思います。

 

 既に総会が行なわれてしまっている場合はA氏の意思がどこまであったかの問題になります。つまり、B氏への委任のみなのか。B氏が復代理人を選任することも許諾していたかによると思います。

 

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問