JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

昨年4月に30年住み慣れた我が家を売却いたしました。その後買主から家の一部が下がっている、修理したのでその費用の負担

解決済みの質問:

昨年4月に30年住み慣れた我が家を売却いたしました。その後買主から家の一部が下がっている、修理したのでその費用の負担しろと言って来ています
契約書にはその部分は 下がっていると明記しているのです、また仲介業者には家は築30年経過しているので色々な個所に不具合はあると思うが現状で売って欲しいと申し入れしておりました。
契約書には特約条項を設けており本件に対し、売り主は一切の瑕疵担保責任を負担しないものとする、と書かれています、また本物件は新築でないので屋根等の躯体、基本的構造物部分、水道管、下水道管、ガス管などについては相当の自然損耗、経年変化が認められるところであって買主はそれを承認しそれを前提として本契約書所定の代金で本物件を購入するものであるので、引き渡し後に自然損耗経年変化による劣化・腐食等を原因として雨漏り、水漏れなどがあっても隠れた瑕疵に該当するものでなく買主の費用で補修するものとし、売り主に費用の負担を求めないものとする。と明記しています。 買主の要求は嵩上げ費用174万円を買主・売主・仲介業者3社で1/3づつ負担せよとのこと。売主が負担する必要があるのか教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

おっしゃるとおり、瑕疵担保責任とは隠れた瑕疵がある場合に負う義務ですので、契約書にその内容が明記されているのであれば、賠償請求する必要はないかと存じます。

また、契約書に瑕疵担保責任を負わない旨の条項も、それが著しく不当なもの(例えば、隠れた瑕疵があること知っていて相手方に告げていない場合等)でなければ、有効ですので、ご質問のケースであれば、これも主張可能なものかと存じます。

証拠となる契約書等もしっかりされているようですので、仮に相手方が法的手段(訴訟)に訴えてきたとしても、ご質問者様のご主張が認められる可能性のほうが高いかと存じます。

トラブルに巻き込まれ大変でしょうが、仲介業者とも協力して毅然とした態度で対応されたほうがよろしいかと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
回答文中、契約書にその内容が明記されているのであれば賠償請求する必要はないかと存じます、とありますがこの賠償請求する必要がないとは誰が請求することなのか?
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

誤字があり申し訳ございませんでした。

 

(誤)

契約書にその内容が明記されているのであれば、賠償請求する必要はないかと存じます。

(正)

契約書にその内容が明記されているのであれば、賠償義務を負う必要はないかと存じます。

 

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問