JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

退職一時金返済請求の訴そ訟を受けています。今回の訴訟は、私含め被告人13名1700万の返還請求です。 昭和51年ま

質問者の質問

退職一時金返済請求の訴そ訟を受けています。今回の訴訟は、私含め被告人13名1700万の返還請求です。
昭和51年までに、勤続20年未満で電電公社を退職した時に日本電信電話公社共済組合を脱退した時に、共済年金掛け金の全額、年金継続手続きをして、差額一部を一時金として、受給したものです。当時受給した一時金に
年金運用目標、金利の率で、複利 計算、且遅延反則金を加えた金額の返還請求です。私の場合昭和49年に14万位受給しのですが、100万近い金額になるそうです。返還の義務を知ったのは、退職して、20数年後です。他の
方同じ状態と思います。年金法の改正が、昭和61年に一時金を返還する事に平成9年に返還方法について、決められたようです。私は、何十年も前に、共済年金から、厚生年金に継続手続きを行い、差額と言う事で正規の手づきを行いうけとっt
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
被告13名1,700万円の返還請求とありますが,弁論は併合されているのでしょうか?
退職されたのは昭和49年でしょうか?
返還義務を知ったのがその20数年後で,それから現在までの10年間はどのような状態でいらしたのでしょうか?返還請求を受けなかったのですか?そうだとすると,退職の20数年後に,どのような経緯で返還義務をお知りになったのですか?
参考としてお教え頂けますでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

恐れいります。相談の内容を入力途中で、送信になってしまい中途半端な内容になってしまいました。NTT共済から、返還請求の書類を送られて来てのが、退職後20数年位経って

いたが、はっきりと日時は、覚えていません。当時他の人に相談したら、そんなバカな話は、無いと、ほっておけとアドバイスす。があり、無視していました。その後何年か経つて、同じような書類が、届き、NTT共済に了解できませんと連絡した様な記憶が、ありますが、

そのまま放置していました。そして、今回の訴状です。

今回訴状がきて、私もどう対処したら、良いかわからないので、12 人全員に私の気持ち納得できないが、どの様に対処されるのか、少しでも教えてほしい旨えの手紙で出しそのうち何名かのかたは、同じ思いでです。これからどう対処すべきか、色々相談する予定で、お互いその後その後の情報をと言う事で、報告の中には、弁護士さんからも官報まで、出ているので難しいとの見解もまた、東京地裁でなく、地元の裁判所に変更を申しいれたらとかのアドバイスは、あったが、、どうするといった事ところまではに至っていません。私もまずは、答弁書をと、個々にその状態で、まだ弁論の併合とい事には、なっていません。退職は、49年1月5日一時金と称される差額受給を受けたのが49年2月27日と今回の訴状の記載になっています。

専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
そうですか。情報ありがとうございます。
ところで,他の12人の方が被告になられていることをどのような経緯でお知りになったのでしょうか?また,その方々に手紙を送ったとのことですが,住所をご存じだったのですね。
旧電電公社に退職一時金の問題があることは存じていましたが,退職一時金の返還請求訴訟が提起されている とは聞いたことがありませんでしたので,非常に驚いております。またこの場合の原告は何者がなっているのか興味があります。原告はどちらなのでしょうか。
せっかく,情報の追記を頂きましたが,何をお訊きになりたいかが何も書かれておりませんので,お答えのしようがありません。申し訳ありません。
いずれにしましても,ご質問の件については,このサイトではなく,弁護士に直接対面で相談し,訴訟追行に関しても,代理人となることを依頼すべきと考えます。それを強くお勧めします。それでは失礼申し上げます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

他の12名被告の内容は、訴状に各自の情報が記載されています。氏名、住所、金額等

退職時の各自の受給額2803977円が13028357請求額これに遅延損害額5%複利計算で、1700万位、受給額で、和解出来ればと思います

まずは答弁書どうするか個々に出すか、まとめるのか、時間の問題もあり、3月21日口頭弁論日までに、代理人が、出来ればと、弁護士費用が、どれくらいとか、内訳等も知りたいです。

専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
>まずは答弁書どうするか個々に出すか、まとめるのか、時間の問題もあり、3月21日口頭弁論日までに、代理人が、出来ればと、弁護士費用が、どれくらいとか、内訳等も知りたいです。

これはけっこう分かりづらいので,ご質問をもう少しかみ砕いて書いて下さいますか?

本件のように,連帯債務ではなく,各債務者に対する債権が別 個独立の債権である場合に,訴えの主観的併合により多数人を共同被告とする訴訟が現実になされるのか,気になるところですが,
それよりなにより,あと10日ですから,あなただけでも,弁護士に訴訟への対応を依頼すべきと強くお勧めします。
費用は着手金で20万円前後ではないかと思います。応訴せずに,請求額を支払って和解するという方法もあります。それならご自分でできると思います。
dresquireをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

退職一時金返還請求に関する裁判闘争ですが、第一審では、基金側の


請求が、100%みとれら、判決に不服があり、控訴しました。高等裁判所


 


判決では、高金利、複利の利息の請求は、基金側の不当請求と言うこ


 


私どもの、主張が、100%認めらましたが、基金側は、25年10月22日に


 


上告してきました、最高裁でも、必ず勝てると思いますが、この不当な請求


 


裁判の実態を少しでも多くの方に知って頂き、応援、知恵を頂ければと


 


思って投稿させて頂きました。


 


e-mail XXXXX@XXXXXX.XXX

質問者: 返答済み 3 年 前.

退職一時金返還請求に関する裁判闘争ですが、第一審では、基金側の


請求が、100%みとれら、判決に不服があり、控訴しました。高等裁判所


 


判決では、高金利、複利の利息の請求は、基金側の不当請求と言うこ


 


私どもの、主張が、100%認めらましたが、基金側は、25年10月22日に


 


上告してきました、最高裁でも、必ず勝てると思いますが、この不当な請求


 


裁判の実態を少しでも多くの方に知って頂き、応援、知恵を頂ければと


 


思って投稿させて頂きました。


 


e-mail XXXXX@XXXXXX.XXX

法律 についての関連する質問