JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

辞任した役員のツイッターが残っていました。個人名と会社の名前の分と2つ立ち上げていたようです。 個人名は1月から会

解決済みの質問:

辞任した役員のツイッターが残っていました。個人名と会社の名前の分と2つ立ち上げていたようです。
個人名は1月から会社名の方は12月でとまっているのですが、IDやPWが他に使っていたものと同じ
であった為さわることは可能な状態です。
両方共会社が特定できるので、会社のイメージを考えた場合削除してしまいたいのですが
法律的にはOKなのでしょうか。相手が細かい方なので心配になって質問させて頂きました。
よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士のbengoshimailmeです。おはようございます。

それは少々難しい問題ですね。
1.貴社では,会社名を出してツイッターを行うことを,その元役員の方に対して,業務として推奨なさっていたり,あるいは許可しておいでだったのでしょうか。
もしも,そのような事情がある場合には,役員としての任が解かれた時点で,過去にツイートしたログの削除と,アカウントの閉鎖を要求されても良いのではないかと思います(貴社名のものについて)。
2.また,上記の場合で,個人名のアカウントに関しては,貴社に関するツイートを削除するよう要求なさると良いのではないかと思います。その際,残務に関して手続があるという理由で会社に呼び出し,貴殿ないしどなたかの面前で,その部分を削除してもらう,というふうになさると良いのではないかと思います。
 貴社名のアカウントの場合と違う扱いをするのは,貴社名アカウントの方は,今後その元役員の管理においてそのアカウントを保有,存続させるべき理由がないからで,個人名アカウントの方は,アカウント自体は保有する権利 はあるものの,今後その元役員の個人アカウントで過去に貴社に関する発信をしたことを残しておく理由がないからです。
 会社に呼び出して社員の面前で作業させるのは,発信の一つ一つの削除を確認しながら実行できることと,削除前にパスワード等の変更をされてしまい,その後,削除要請に応じないといった事態を防ぐためです。

3.次に,貴社において,その元役員が会社名でツイッターアカウントを保有することを推奨等していなかった場合には,会社において可能なのでしたら,アカウントそのものを削除なさって大丈夫であると考えます。会社において不可能な場合には,前2のようにして削除させると良いと思います。

4.貴社において,個人アカウントでの貴社に関するツイート内容に関する推奨または制限ないし禁止をなんらしていなかった場合。この場合が最も微妙であると思うのですが,貴社の立場で合理的に判断して,考えられる将来において,発信内容が問題になりそうなツイートについては,本人に削除を命ずることも違法とまではいえないと思います。命ずるということに抵抗がある場合は,将来,そのツイートが問題で発生した責任を負担してもらうということを仰った上で,本人に削除を求めることになさると良いのではないかと思います。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問