JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

返答ありがとうございました。 通常の価格設定はどのようにして決めたらよいのでしょうか? 住んでいる者に対して(私

質問者の質問

返答ありがとうございました。
通常の価格設定はどのようにして決めたらよいのでしょうか?
住んでいる者に対して(私)の権利・・・的なことはないのでしょうか?
払えるお金がなく、住むところもない場合、どうなりますか?

など、伺えますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

不動産の価格を正確に定める場合、その時価を不動産鑑定士の方に査定して頂く必要がありますが、これ自体にかなりの費用を要するので、一般的には不動産屋に仮に売却する場合の見積もり(インターネットなどで探せば、無料で査定してくれるところも多いです。)など取って、その価格を決めることが多いかと存じます。

共有物は、あくまでその持分に応じて権利義務を負うものですので、お住まいになっていること自体で、他の共有者より優越する権利というものはありませんが、例えば修繕費や固定資産税をご質問者様がずっと払ってきたなどの事情があれば、それは持分に応じて、相手方にその持分に応じて、費用の償還を求めることができます。

最後に、相手の持分を買い取る費用がなく、今後もお住まいになること(家賃相当額の対価など払って)に同意もして頂けないとなると、残念ですが、最終的にはその不動産を売却し、そこからローンを支払い、それでもお金が残るのであれば、残ったお金を持分に応じて分割するということしかないかと存じます。

法律 についての関連する質問