JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

預かったお金が盗まれました。

質問者の質問

預かったお金が盗まれました。7年以上前の話です。主人の妹が我が家に多額の現金を預けました。私が帰宅した時には我が家の金庫に入っていると言われました。4千万もの金額だと聞かされ、私は思い切り嫌な顔をしましたが、お構いなしでした。その二日後早く引き取りに来てと私が☎したところ、その日に貸金庫が借りられたが明日取りに行くと言われました。 貸金庫が借りられるまで預かって欲しいと頼まれたので、その日に取りにきてと言いましたが、遅いし疲れたので明日と。そしたら日付が変わった深夜に我が家に強盗が入り、金庫のカギは知らないと言ったのですが、私はガムテープで手足などを縛られ金庫を壊して そのお金を持って行かれました。そのほかにも私の貴金属や少しの数十万の現金、バックなどが持ち去られました。警察にも届け朝まで調書作成や指紋採取など、それは大変な夜になりました。それが、この度 義母が亡くなり、公正証書の遺言書により主人が取り分が多くなったのを切っ掛けに、あれこれよこせと言い出し最終的には現金をくれないと遺留分の請求訴訟と強盗に盗まれた そのお金は預けたのだから弁済請求の訴訟を起こすと脅かされました。この事件自体は去年の6月で時効だと言われました。また他の兄弟には主人が仕組んでお金を奪ったと言っていた時期もあったようです。


私どもに弁済せよという判決がくだることはあるのでしょうか?

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

ご心配には及びません。そのような相手方の請求が認められることはないかと思われます。

まず、ご質問者様の側に返還の責任を負わせるためには、当事者間に寄託契約(ものを預ける)があったことを証明する必要がありますが、すべて口約束であるようなので、相手方が契約の締結を立証することは難しいかと存じます(契約があったことを証明するのは相手方です)。

なお、仮に契約の成立が認められた場合、今回は無償での寄託となりますので、受寄者(ご質問者様側)は、預かったものを”自己の財産におけると同一の注意”を持って保管する義務を負っていたということになります。

そして、金庫の中に保管していたものを強盗に盗まれることを防ぐというのは、この義務の範囲を逸脱しています。よって、ご質問者様側に保管義務違反があったということにはならないのです。

結果、義務違反がないのに、相手方から賠償請求などされることはないということになります。

相手方はいろいろと難癖をつけてくるかとは思いますが、前述のとおり、このような理不尽な請求が裁判所で認められることは無いかと思われますので、ご安心ください。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

この話の続きで恐縮ですが、この預かったお金というのが実は妹も ある人から預かったお金だそうで、その相手にこれまでの間に1200万円返済したとのことなんです。

ですから、この1200万円を返済して欲しいと。

そして弁護士に相談したところ、裁判をすれば返済してもらえると言われたとか。

本人も弁護士に、預けた相手には返さなければならないと言われて少しずつ返してきたとのことです。とりあえず、この1200万円をくれなければ兄(私の夫)相手に裁判おこすと今日言われました。6月で、8年前のことになります。

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

そのお金が他の方から借りたものであっても結論としては、先に述べた回答と同じです。

相手方が、返済を求めるにはご質問者様の側に預かる者として著しい義務違反があったとか、又は別途特約等で重い注意義務を負っていたなど(そんな契約してないかと思います)、ご質問内容以外に特別な事情でもないかぎり、請求が認められる可能性は低いかと存じます。

 

本当に相手方が弁護士に相談し、そのような約束を取り付けたというなら、実際に裁判で白黒つけるというのもよいのではないでしょうか(というか、金額も大きいですし、本当に勝ち筋の案件であれば、既に訴訟を起こされている、もしくは受任した弁護士から請求がきている気もしますが・・・)?

 

裁判してもないのに絶対に勝てる、負けると断定はできませんが、先にも述べたとおり言われる通り支払うべき事案ではありませんし、こちらのほうが状況としては有利であることは間違いありません。

少なくとも、裁判もしないで支払いを認めてしまうのはバカバカしい状況ですので、相手がそのつもりなら、こちらとしても出るところに出たほうが逆に良いのではないかと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。妹には確かに優秀な弁護士の知り合いがいて相談に行ったことは間違いないようです(他の兄弟からの話)人から預かったお金を妹家に金庫がなかったので貸金庫が借りられるまで我が家に預かってほしいということでした。うちには大きな金庫があったので。

強盗が入り私が金庫を開けなかったため壊されて奪われる結果にはなりましたが。

しかし妹が預かった相手に1200万円を支払っていたとは驚きましたし、少し道義的責任を感じ、また弁護士が払わなければならないと言っているという話に動揺もしました。

道義的な問題としては、支払ったという半分の600万でどうかなー等という気持ちはありますが、裁判にかけられ4600万の請求をされるのは心外ですし正直怖いです。

お忙しい中、お返事ありがとうございます。

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

大変でしょうが頑張ってください。

法律 についての関連する質問