JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

離婚考えていますが、子供のことでわからないので教えてください。長女はすでに成人していますが、次女は高校を卒業し、よう

解決済みの質問:

離婚考えていますが、子供のことでわからないので教えてください。長女はすでに成人していますが、次女は高校を卒業し、ようやく大学 が決まりました。3年前に、私が家を出て別居を始めた時に、次女は高校も近いこともあり、それ以来私と住んでいます。別居後、私が脳梗塞を起こしてしまい入院などあったこともあり、離婚の話を進められませんでした。先月ようやく次女大学も決まったので離婚の話を進めようと思っています。慰謝料など一切要求しないかわりに、子供たち金銭的な事は全てやってほしいと要求する場合、親権は夫の方にするものでしょうか。また、親権を夫にした場合、その後は私と次女が一緒に生活することはできないものでしょうか。48歳、正社員女性です。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

あくまでご主人と話し合いがつけばどちらでも結構なのですが、次女様と一緒に生活されたいのであれば、親権は取っておいたほうがよろしいかと存じます。親権を取られた方がお子様と一緒に生活するというのが一般的ですし、親権がなければお子様の法律行為を代理できないなど、実生活で支障が出てくることもあり得ます。

ですので、ご質問者様が親権を取ってお子様をお育てになる場合、ご主人に対して養育費(お子様の生活費)を支払って頂くよう協議しておくことがよろしいかと存じます。

養育費の相場は裁判所の基準がありますので、それを参考にお決めになられたらよろしいかと存じます。

 

【養育費算定表の使い方】

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou.html

 

【養育費算定表】

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/pdf/youikuhi_santei_hyou/youikuhi_santei_hyou.pdf

 

たとえば、ご主人が会社員で年収500万、奥様が年収0で、未成年のお子様1人の場合、養育費の相場は6~8万/月ということになります。

また、あくまで上記も相場にすぎませんので、ご質問のようにお子様の生活費一切の支払いを約束していただければ、それが一番よろしいかと存じます。

以上のようにお子様にかかるお金をだれが支払うかと親権をどちらが持つかはイコールではありませんのでご安心ください。

※ダルビッシュとサエコの関係と同じです。子供の生活費はダルビッシュが支払っていますが(報道では200万/月ということでした)、子供を引き取り、親権を持っているのはサエコです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。今春から私立大学入学ですが、その費用一切も親権には関係なく要求はできますか。

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

親権とは関係なく、親子間には扶養義務がありますので、ご請求されてよろしいかと存じます(親権がないことを理由に、子を養う義務を放棄することはできません)。

お子様の養育費(生活費)以外に、慰謝料などの請求はしないおつもりということなので、お子様に対するものはある程度要求してもよろしいかと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。養育費、授業料の件わかりました。仮に慰謝料はどのくらい請求できるものなのか、相場のようなものはあるんでしょうか。

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

慰謝料というのは、相手方に不貞行為などがあった場合に請求できます。

請求額は、離婚の有無や、不倫の回数及び期間、どちらが積極的に仕掛けたかなどによりますが、相場としては50万から300万程度というところかと存じます(これを御主人及び、不倫相手に対して請求します)。

ですので、慰謝料は相手方に離婚に至った原因がある場合に請求できるものであり、単に性格の不一致など、どちらに非があるか明確でない場合には請求は難しいかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問