JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

懲戒解雇に関する質問ですがよろしいでしょうか?

質問者の質問

懲戒解雇に関する質問ですがよろしいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
懲戒解雇に関するご質問とは何でしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

私は、日本に本社があり100%子会社のベトナム工場の社長として仕事をしていました。

私は立ち上げ3年後、社長の交代に際して、引き継ぎをしたところ扱っている現金の残と帳簿に不備があると指摘されてその差異の支払いを済ませました。

加えて、その後、会社に残り工場長で仕事を続けるように指示があり、年俸制の給与を毎月一年間30%マイナスすると言われ、しばらく仕事を続けましたが、会社の待遇に不満もあって退職届、受理されました。

原因は、立ち上げ当初から、特にベトナムでの現金の出入りの多さと、忙しさ、人不足の中の煩雑さから個人のお金と会社のお金を一緒に管理していたのが悪かったのですが、土地がら、日本の銀行がホーチミン市内にあり、そこに出ていくのが2時間以上かかり会社のお金を一時的に個人の費用に借り、返すなどしていたことが、横領につながるという指摘を受ける。

当時、経理担当(総務職でなんでもこなす)の女性と行動することも多く、彼女の両親も第2工場が近くにある自宅で弊社の材料の受け入れなど積極的に協力し、運搬費の節約にも大いに貢献してくれました。そんな中、材料代支払いの立替などもしてくれてその立て替え分を会社で支払っていましたが、その分も不当資金流用と言われ。

経理との共謀性も指摘を受けました。

私もそのようなことがまさか罪になるなど思いもしませんでした。ただ、そのようなことは、私の立場では、知らなかったでは済まされない。懲戒解雇にあたると言われました。その後は、第3者機関も使って、徹底して調べると言われ、日本への出張の際に彼女と二人で本社で仕事、土曜日に展示会に行く足でディズニーランドに行った話も持ち出される。別に会社に請求してないというとその日のホテル代を会社に請求していないか?

私は早く退職して、ベトナムで次の仕事に移りたいのですが、懲戒解雇をちらつかされて、退職の手続きも進みません。

質問として

すでに退職届も受理され、差額金を払っているのにあとからの調査で不正点を調べ、それをもとに懲戒解雇にできるのでしょうか?また、異議申し立てが可能でしょうか?

退職金の支払い手続きはできないのでしょうか?

懲戒解雇で家族に与える影響はありますか?たとえば、子供の就職など。

それから、昨日弊社の社長と面談しましたが、恩赦で懲戒解雇を免れるには、ベトナムから離れて日本で自社で働けば何とか第3者機関も説得する。それが家族やすべてのものを失わずにすむ方法だと説得。それが社長としての親心だと。でもそのような疑いをかけられたまま、今の会社で働ける気がしません。それよりも新しい仕事に取り組みたい。

どうやったら、クリーンな状態にできるのか、退職金等の絡みもあり、悩んでおります。

社長もこのまま普通に退職を許可・恩赦をすると、今度は残った人たちへの示しがつかないと自社で働くこと以外に方法がないと言い切ります。

退職金をもらって、会社を離れたいのが希望なのですが今後仮に裁判になった時の戦い方があるものか?

帳簿はベトナムではメモと同じでそれを直接会計処理することはありません。伝票等会社で使った経費のみを会計事務所に渡し、それで処理されるので簡易帳簿(メモ)に書かれた個人費用は請求は上がりませんし、合法(表に出ないこと)なのでベトナムでこの件で裁判になっても負けることはありませんが、日本ではそうもいかないようです。

回避方法、今後の対応をアドバイス願えたらと思います。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士のbengoshimailmeです。はじめまして。ご質問の文面から窺える事情に基づき,回答致します。回答には細心の注意を払っておりますが,できるだけ早く回答しようともしているため,単なる法律用語などは,説明なく用いる場合もあります。ご存じない専門用語は,Googleなどで検索なさって下さい。
会社のお金と個人のお金に混同を生じさせて,経理上も齟齬を発生させてしまった点はミスだとは思いますが,やむを得なかったともいえますから,直ちに横領だとして懲戒解雇を持ち出すことは妥当ではなく,社長の横暴でしょう。法律的には解雇権の濫用になり得ると思います。
ですから,あなたが法律に基づいて会社と争えば,退職金の不支給などなく,ふつうに退職することができる事案であると思います。
また,第三者機関というからには,客観的な判断をする機関というような印象を受けますが,社長の狙いはそこにあるはずがなく,逆に,あなたの不知につけ込んで,単なる脅し文句としてそれを用いているようであり,その点からも社長の言動は妥当でないと考えます。
法的な紛争解決の方法ですが,本件は,懲戒解雇か依願退職かという重大な問題に関わる紛争ですし,相手が弱い立場であるあなた一人であれば,今までのような横暴を繰り返させることになりますから,専門家である弁護士の助力を受けて,最終的には労働審判による解決を目指されるのがよろしいのではないかと思います。数十万円の費用は掛かりますが,退職金を考えると,デメリットというほどではないと思います。おそらく,このような場合に依頼すべき弁護士にお心当たりがおありではないと思いますので,日弁連の相談窓口のご案内から地域の弁護士会に連絡して弁護士の紹介を受けるサービスを利用なさるとよいと思います。

なお,あなたは懲戒解雇にはなりませんが,たとえ懲戒解雇になったとしても,お子さんの就職などに一切影響はないですし,ご家族が…というようなことはありません。法律的には懲戒解雇と退職金の不支給は必然ではありません(事実上は支給されないことがほとんどですが)。ですので,究極の場合でも,あまりご心配なさる必要はないです。
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験: できるだけ分かり易くお答えします。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

この問題の会社からの回答をもらわないと(実際に恩赦なのか懲戒なのか)その後の動きができないまま時間が経過してしまいます。

会社に戻れば、恩赦、そうでなければ徹底的に調べて訴えるということですが、私から、メールにて会社に戻るつもりは無いこと。是非恩赦で懲戒解雇は避けてほしい旨を知らせて、会社からの回答を待つつもりですが、その文面なり、タイミングなり注意することはありますか?

私は、そのために日本に来ていますが、すぐに退職後の手続きをしたかったのですが、このような事情で進んでおりません。月曜日か火曜日に弁護士さんなりに相談後、一旦、ベトナムに帰りたいので会社の姿勢を確認したく思います。こちらに不利になるような確認はできないし、アドバイス願います。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
そうですか。
弁護士に依頼なさるとすれば,この期に及んで会社・社長に期待する必要もないでしょう。あなたがベトナムでご自分の事業をするおつもりなのを察知して,それが気にくわないからどうしても痛めつけてやろうと思っているに決まっているわけですから。ですから,会社への打診はせずに,担当した弁護士のタイミングに任せた方がよいのではないかなという気がします。たとえば,弁護士が準備ができた段階でゴーサインをしてあなたが退職の意思表示をし,会社がそれに対して意地悪なアクションをしてきたらすかさず弁護士がそれに異議を唱え裁判所に出る,というような。相談後は,あなたご自身は日本にいなければならないということはないと思いますので,連絡だけつくようにしてベトナムに戻られてもよいと思いますよ。

法律 についての関連する質問