JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kanekiyoに今すぐ質問する

kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

主人の不倫相手に連絡が取れません。 期限を設けて、手紙を出しましたが連絡がない為 法的措置を取りたいと考えていま

解決済みの質問:

主人の不倫相手に連絡が取れません。
期限を設けて、手紙を出しましたが連絡がない為
法的措置を取りたいと考えています。
この場合、内容証明を送るのがよいのでしょうか?
宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんばんわ。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

法的措置とは、不倫による慰謝料請求ということでよろしいでしょうか?

おっしゃるとおり、訴訟の提起を行う予定であれば、請求は内容証明郵便(配達証明書付)で行っておいたほうがよろしいかと存じます。

これであれば、裁判で請求をおこなったこと及びその意思が相手に到達したことを立証し易くなります。

請求額は、その不倫の期間、回数や、離婚の有無などによって変わってきますが、離婚してない場合は50万~150万、離婚している場合は100万~300万程度が妥当なところかと存じます。大変でしょうが頑張ってください。

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

簡単ですが、内容証明のサンプルを提示しておきます。

ご活用頂ければ幸いです。

 

--------------------------------------以下、サンプル------------------------------------

 

 

                    要求書

相手方の住所
相手方の氏名 殿

                                       平成○年○月○日
                                       ご自分の住所
                                       ご自分のお名前 印

 

 私は、貴殿が交際中の○○の妻△△です。貴殿は○○に配偶者がいることを知っていたにもかかわらず、昨年??頃から○○と度々密会を繰り返し、不倫の関係を続けています。

 この為平穏で円満、な夫婦関係の維持が困難となっております。
 よって、今後、○○と会うことのないよう強く要求すると共に、貴殿からの不貞行為により私は多大な精神的損害を被りましたので、金××万円の慰謝料を請求いたします。

 つきましては、本書をもって、貴殿に対して、慰謝料の支払をご請求申し上げますので、本書到達後、??日以内にお支払い下さい。

(送金先口座・**銀行**支店・普通預金口座NO.******・口座名義△△宛)

 右期限までにお振り込みがないときは、法的手段による解決も検討せざるをえませんので、その旨ご承知おき下さい。

 以上、簡略ながらご通知申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご回答有難うございます。

 

少し、質問させて下さい。

①法的措置とは、不倫による慰謝料請求ということでよろしいでしょうか?

 →法的措置と言っても、私も全く詳しくないのですが慰謝料請求のほかにも

 何か方法があるのでしょうか?

 一般的には、慰謝料請求となるのでしょうか?

 私は、本人と直接会いたいと思っています。

 

②訴訟の提起を行う予定であれば、請求は内容証明郵便(配達証明書付)

 →内容証明を送るということは、訴訟を起こす前提なのでしょうか?

 前提ということであれば、弁護士に依頼をする方がよいのでしょうか?

 ちなみに離婚はしていません。主人、私も30代 会社員です。

 訴訟にかかる費用、期間等もわかれば教えて下さい。

 

宜しくお願い致します。

 

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

まず①ですが、ご質問のケースで法的な請求をするということになると、おっしゃるとおり金銭による賠償を求める(慰謝料請求)ということになり、相手方の行為(面会や謝罪等)を求めるというのは難しいかと存じます。

どうしても会ってお話がしたいということであれば、先ほど添付したサンプルを修正して、「一度、会ってお話をしたい、そうでなければ法的な手段をとります」といったように法的措置も辞さないことをちらつかせながら、交渉を希望している旨を内容証明で送ってみてはいかがでしょうか?

相手も実際に裁判などされては困りますので、話に乗ってくることも考えられます。

 

次に②についてですが、厳密に法的措置をとるということは訴訟をするということですので、大前提として内容証明で請求しなければならないわけではありません。

ですが、訴訟でご自分の主張をする場合に、内容証明等で慰謝料の請求などをしておくと立証が楽になるという意味でやっておいたほうがベターではあります。

しかし、既に訴訟(法的措置)するというように、お心が決まっているのであれば、いきなり弁護士さんに依頼した方が手っ取り早くて良いかと存じます。

訴訟費用については、そのほとんどが弁護士さんの報酬ということになりますし、弁護士さんの費用は事務所によりけりというのが実情なので一概には言えませんが、着手金で数十万、そして見事に金銭を回収できたときに成功報酬としてその何%という形になろうかと思われます。

※もしご自分で裁判するのであれば、それにかかる実費(裁判所に収める手数料など)は10万円以内で済むかと存じます。

訴訟の期間についても、相手方の出方次第なので一概には言えませんが、相手があっさり請求を認めれば、半年もかからず終わることありますが、徹底的に争ってきた場合は一年以上かかると思っておいたほうがよろしかと存じます。

 

もし、実際に弁護士さんに相談してみるなら、お住まいの県の弁護士会を経由しておちかくの先生をご紹介していただけます。下記URLをご参照ください。

 

【弁護士会URL】

http://www.nichibenren.or.jp/bengoshikai.html

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

いろいろとご親切にして頂き有難うございました。

このアドバイスをもう一度週末に確認・検討してみます。

また伺いたいことがありましたらメールさせて頂きます。

 

 

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こちらこそ、ご質問頂きましてありがとうございました。

重要なことですので、ごゆっくり検討ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.
もう少し考えたいので時間を下さい。
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

どうぞ、ごゆっくり検討下さい。

※この応答には返答されなくて結構です。このサイトのシステム上、返答を返されると、それに答えなければならない仕組みになっています。

せかすつもりで回答しているわけではありませんので、その旨ご了承ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご連絡が遅くなり申し訳ありません。

 

いろいろ考えた結果、もう一度直接会おうと思い

自宅に出向きましたが応答はありませんでした。(電気はついていたので居留守だと思います) しばらく待ちましたがやはり応答はなかったので、

直接話をして謝罪する気はないと判断しました。

 

内容証明を送付しようと思いますが、その場合現在住んでいる自宅(一人暮らし)もしくは

実家に送るのとどちらが良いのでしょうか?

実家はわからないので、興信所に頼もうかと思っています。

どちらも精神的なダメージにはなるのかと思いますが、

前にもお話したとおり、自分のした事を認めて謝罪してほしいのです。

私が自分で作成しても、前回出した手紙と同じかと思いますので

法律家の方に頼もうと思っています。

 

弁護士会のHPを添付して頂きましたが、弁護士事務所に相談すれば

よいのでしょうか?

 

知り合いに聞いた話ですが、訴訟の前に示談交渉があるのでしょうか?

その時にしっかりした話し合いができれば、それで済ましても構わないと

思っています。

 

時間があいてしまいすみませんでした。

上記の件、教えて頂けると助かります。

宜しくお願い致します。

 

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

内容証明を送る場合、相手方にそれが到達する必要がありますので、送り先は現在の相手方の居住地となります。

ですので、相手が実際に住んでいる自宅あてに送付する必要があります。

ただ、実家に送るのも、家族からの説得なども期待できるという意味では一定の意味はあろうかと思います。

ご質問にもあるとおり、内容証明は弁護士さんに依頼して作成してもらった方が、ご自分で行うより相手に与えるプレッシャーが大きいので、そのほうがよろしいかと存じます。

 

また、示談交渉の有無は、基本的にご質問者様のご意思によることになります。

ご質問者様が、いきなり裁判よりまずは交渉してみてほしいと依頼すればそうして頂けるかと思いますし、いきなり裁判してほしいと言えばそのように対応して頂けるかと存じます。

 

内容証明を作成できる専門家は、弁護士だけではありませんが、先に述べました相手方との示談協交渉など求めるのであれば、やはり弁護士さんに依頼すべきかと存じます。

 

弁護士さんの探し方の一例として、弁護士会から最寄りの弁護士さんをご紹介していただく方法をご提案しましたが、その他、インターネット等で探されてもよろしいかと存じます。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

いろいろと有難うございました。

 

また相談がある時は、宜しくお願い致します。

 

 

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こちらこそありがとうございました。

大変でしょうが、頑張ってください。

kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験: 大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問