JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

郵便局での委任状についてお教え下さい。 93歳の母の簡易保険の入院特約の請求をしたいと思いましたが、その際本人が手

解決済みの質問:

郵便局での委任状についてお教え下さい。
93歳の母の簡易保険の入院特約の請求をしたいと思いましたが、その際本人が手続きできない場合は委任状が必要とのこと。そ れも直筆で漢字できちんと記入するように言われました。母は手は使えますが、文字を書くとなると判読不可能な文字しか書けません。その旨伝えましたら、代書するなら成年後見人になるようにとのこと。そこで、家庭裁判所に問い合わせたところ、母が判断能力がある限りはできない、郵便局側の判断が間違えていると言われました。これから母はますます体が衰え全く手が使えないことも生じるかもしれません。
このような場合どうしたらよいのでしょう。お教え下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

今後のことも踏まえて、考えられる方法としては、下記2つかと存じます。

 

①弁護士にお母様の代理人になって頂く

②お母様とご質問者様の間で委任契約(お母様の財産をご質問者様が管理するという契約)を結び、それを公正証書として作成する

 

①のほうが本人の負担は少ないかと存じますが、費用はかかるかと思われます(弁護士さんの費用は事務所によりけりなので具体的な額には言及できません)。

 

②は、その証書を作る意思が本人にあるかということを公証人が確認できなければ、書面を作成してもらえないので、お母様が公証役場に出向くか、公証人にご自宅にきてもらう(きてもらう場合は、割増料金がかかります)かして、面談する必要があります。

 

上記2つの方法は、ご本人がその意思(代理人に自分の財産管理を任せるという意思)を持っていることを証明するものとして一般的かつ効果的な方法ですが、この場合でも、ご質問と同じように郵便局側がよくわかってなくてそれでは駄目だと言われる可能性もなくはないので、まずは確認されてから対応するほうがよろしいかと存じます。

 

郵便局の確認が取れれば、具体的な手続きについて、お近くの弁護士さんにご相談するか、公証役場へ問い合わせてみて頂ければよろしいかと存じます。

 

【弁護士会HP】

http://www.nichibenren.or.jp/bengoshikai.html

 

【公証役場HP】

http://www.koshonin.gr.jp/index2.html

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問