JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4759
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

質問いたします。よろしくお願いします。 妻の実家の相続です。 父(土地名義人)が2年前死亡、兄が1年前死亡、母を

質問者の質問

質問いたします。よろしくお願いします。
妻の実家の相続です。
父( 土地名義人)が2年前死亡、兄が1年前死亡、母を妻が引き取り私(夫)の家で介護中、兄に、嫁いだ1人娘がいておばあちゃん(母)もいずれ亡くなるのでと50%を要求があり。土地を売却しないと分けられないのと、母を介護していることから、法定の25%で納得してもらうように話をしてほぼ合意を得られました。今後数年以内の売却するのですが、もし母がなくなった後も、現在の相続人(若しくはその子、孫)の妻75%、嫁いだ兄の子25%を相続する念書、証明書を作成したく、その場合は弁護士さんにお願いしたらよいのか、要点を押さえた書類を作り、実印+印鑑証明で心変わりを防げるのかお教え下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

お話からお母様が介護をされていると言うことで判断能力が無いということでしょうか?

仮に、認知症等でも一時的にでも正常に戻るのであれば公正証書遺言の

作成は可能です。それが一番安全ですが、多分、そういう状況ではないのかもしれませんね。

そうなると、成年後見制度を利用して、弁護士の先生に後見人になっていただいて

現時点で生存贈与を家庭裁判所の許可をもらってするということは可能だと

思われます。

推定相続人どうしで、約束をしても

法的には、生前に相続放棄もできないので

約束は、すべてが無効になります。

遺言が無ければ法定相続となり

推定相続人がご相談者様の奥様と、奥様の亡くなったお兄様の娘様の

2人なら50%請求される可能性は、いくら約束してあり得ます。

寄与分の主張をするしかないでしょうが

寄与分と言っても扶養レベルでは多くをもらうことが難しいこともあります。

生前贈与の方向性で頑張って下さい。

法律 についての関連する質問