JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

こちらに相談してよいかわかりませんが教えてください。父は血族経営会社でペンキ塗りをしてきましたが、その会社を辞めて自

解決済みの質問:

こちらに相談してよいかわかりませんが教えてください。父は血族経営会社でペンキ塗りをしてきましたが、その会社を辞めて自分で見積もり書をとって、塗装の仕事をしてお金をもらおうとしてます。年齢は65歳で血族経営 会社で経営に携わることが一度もなかったので、税金の知識などまったくありません。個人で起業するときには役所とかに届けないといけない?と思うのですが、何も届けず仕事をして(塗装をして)お金をもらったりしたら罪になったりするのでしょうか?会社とか商店ではないのに消費税をとるとかして大丈夫なんでしょうか?
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

個人事業を始める場合、少なくとも県税事務所に個人事業の開業届と、税務署に個人事業の開業届等(青色申告書なども)を出しておいたほうがよろしいかと存じます。

どちらも届け出期間など定められていますが(お住まいの県によって若干違ったりします)、出さなくても何か罰金などということはほとんどありませんので、そのあたりはご安心ください(当然出しておいた方が良いので、お近くの市町村役場および税務署にご相談ください)。

しかし、絶対にやっておかなければならないのは、確定申告(毎年2~3月)です。ここで事業所得を申告漏れなどしていると脱税という話になりますのでご注意ください。

最後に消費税についてですが、これはとっても大丈夫です。また、消費税は所得が1000万以上でなければ納税する必要はありませんので、その間は結果的に得することになります(詳細は税務署で確認されるとよろしいかと存じます)。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問