JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

相続の件についてお願いいたします。兄弟3人(長男、長女、次男)。実家の売却にあたり実家の名義は長男3:長女3:次男3

解決済みの質問:

相続の件についてお願いいたします。兄弟3人(長男、長女、次男)。実家の売却にあたり実家の名義は長男3:長女3:次男3の割合でした。しかし、実際の相続分割は長男がもっと請求したため5:2:3の割合です。この場合、不動産の売却にかかった費用と税金を支払う割合は3:3:3のままでしょうか?それとも5:2:3でしょうか?

両親が離婚し、その後、父が亡くなり、実家の売却に3人同意したものの長男が売却をする実際の行動にでるまでに何年もかかり、更にその後の分割の清算終了もしてくれず、やっと数年かかって今回ファイルが送ってきましたが、疑問に思っています。

長男は「税金の件は、家の売却に対して当然かかる経費であり按分の必要は無いとの当初からの考えです。」と言っ ています。長男の長年の酷い態度に私自身疑問が湧いて来てそれならば売却にかかった経費の割合は一体どうなるのだろうと思えてきました。(すんなり終わっていれば考えてもみなかった事です)

更に、売却されたお金は一旦すべて長男の口座に入れてしまっており、昨年の秋に私に連絡があり残高を全て使ってしまったので分割を御破算にしてほしいと言ってきました。

そこで質問ですが
1)不動産売却の際の経費の分担の割合
2)不動産売却の際の税金の分担の割合
3)最終的に分割されるはずだったお金を使い込んでしまった長男に対して法的には実際にどうなるのか。支払い請求はどの程度までできるのか。また、どのような方法があるのか。

実家の売却を延び延びにしていた何年間で不況が激しくなり、更に長い年月が流れた事から経費が膨大になってしまい実際に私の手元に残るはずのお金は100万円程です。

文章がうまくまとまりませんがどうぞアドバイスをお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

基本的に、実家を売却される時点では、共有財産として平等だったものが

いざ、相続に臨んで5:2:3と言うような寄与分などを考慮した相続に

なったと言う訳ですね。

遺言がなく、遺産分割協議で相続手続きをされているのかもしれませんが

売却時の最終的な持ち分と言うことで税金等は判断することになります。

もちろん民事ですから自由に決めることも可能です。

それでは、ご質問にわかる範囲でお答えいたします。

1)当然最終的な持ち分の割合で構わないでしょう。

2)同じく最終的な持ち分です。

 1)2)に関しては、自由に決めても問題はありません。

 ご長男様が、多くとるので経費と税金は払うでも良いでしょう。

 税金等に関しては特別の控除などろいろあるので

 税務署や税理士の先生に必ずご確認ください。

3)使い込んでも、持ち分があった訳ですから

ご長男様に対してご相談者様には求償権がありますので

使い込んだから払わないで良いみたいなことはありません。

きちんとどう返済させるか、公正証書で金銭消費貸借契約書を

作っておきましょう。基本的には分割返済になると思いますので

強制執行認諾文言を入れておきましょう。

公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼されると

良いですね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問