JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

遺産相続についての質問です。 義父(新潟)が昨年の11月に認知症の施設に入り、その後容体が悪くなり今年の1月に死去

解決済みの質問:

遺産相続についての質問です。
義父(新潟)が昨年の11月に認知症の施設に入り、その後容体が悪くなり今年の1月に死去して、家屋と駐車場と貸地の相続で相続人が3人、義父の妻(90歳)と2人の娘(59歳、55歳)なのですが59歳の娘は静岡の住んでおり、90歳の妻と55歳の娘は新潟に住んでおります。
この55歳の娘が静岡の姉に遺言書の検認のために戸籍謄本を送るよう に要求してきています。
ここまでは当たり前の要求なのですが、
55歳の妹が全てを相続したいがために有りもしない遺言書で検認を受けようとしています。
なぜなら、義父はかなりの認知症のかかっていましたし、亡くなる1ケ月前は静岡の娘の所
に50日程おり、自分の住所、貸している土地の住所も覚えておらず、自分の名前もやっと書ける状態でした。又、それ以前に遺言書を書いた形跡もありません。本人もここ2年ほど字を書いてないと言っていました。
こちらからは、遺言書をFAXするように要求しており、本物であれば遺言書に従う旨を伝えてあるのですが、かたくなに拒否しています。
なにしろ姉に戸籍謄本を送れの一点張りです。
姉も静岡で仕事もしていますし、新潟からの家庭裁判所の呼び出しにも簡単には出かけられないので、遺言書のFAXが来るまでは戸籍謄本を送らずにいようかと思っていますが。。。
アドバイス宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

検認手続き自体は、遺言の内容が有効か無効かを判断するものではありませんが、その検認書がついていれば、実際はいろいろ手続きができてしまうので、内容を確認しないうちは手続きに協力しないというのは賢明な判断です。

※後々争うことはできますが、その手間と費用を考えると、今の対応がベストです。

ですが、このままだとせっかくの遺産を誰ももらえないという状況が続くことになるので、それはそれでお困りのことと存じます。

出るところに出る(家庭裁判所で遺産分割調停や審判を求める必要がありますが、ご質問のとおり地理的な問題などあるので大変かと思います)以外は、粘り強く話し合いを続けるしかありませんが、説得の材料として遺言書の偽造が判明した際にどうなるかをご説明してみてはいかがでしょうか?

まず、民事上の制裁ですが、遺言書を偽造・変造した者は相続人となることができないという重大なペナルティを負います(相続欠格:民法891条1項5号)。

次に、刑事上の制裁ですが、遺言書は私文書ですから、作成権限のない他人が名義を冒用して遺言書を偽造したり、他人名義の遺言書を勝手に変造すれば、私文書偽造罪・変造罪(刑法159条1項2項)に問われます。私文書偽造罪の法定刑は、3月以上5年以下の懲役です。

自筆証書遺言の場合、ご親族がみれば本人が書いたものかどうかすぐにわかるし、出るところに出た場合も照合(生前の自書した書類など)すれば、すぐに明るみになるものかと存じます。無駄なことをして、本来もらえるはずだったものももらえず、犯罪者となるようなことはやめるようご説得されてみてはいかがでしょうか?

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問